« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

選択ミス

8月も終盤。 岐阜県の飛騨方面の河川は、9月初旬に禁漁期に入るため、残りのシーズンは僅かとなってきた。
何処に行こうか考えた結果、先回、先々回に良い想いをした、宮川漁協管内の探索を続行することに。

Dsc_myt1

朝一のポイントは、瀬の続く場所。
鮎師に人気のようで、見たのみで竿を出せていなかった。早朝なら網も鮎師もまだ来ないでしょ。ってことで、早速入川。

まずは飛騨名物?ニジマスが来て。
その後もボツボツと。ヤマメ1にニジマス3くらいの感じ。

そこそこのサイズともれば、ニジマスの手応えは確かに楽しい。だけど私の場合、どうもテンションが落ちる・・。
先般の北海道では、狙ってでも出会いたい魚だったのに、このギャップは何だろうか。

Dsc_myt4

最初の2尾だけ画像に残して、あとは釣ってはポイ。

出てくれた魚を適当に扱うのはイカンと思うのだけど、撮影に熱が入ってないのが画像から丸わかり。これがヤマメだったらな~、って思っちゃうのだ。
ニジマスの一番大きいので、36~7ってとこだった。40とか50とかが出れば、あるいは??


ヤマメは20~24くらい。
出るには出るけど、イマイチ細かい。これまた釣っては放し、釣っては放し。もうちょっと型が出れば、カメラタイムの始まりなんだけど。
釣り馬鹿の『贅沢』なんでね(笑)。

Dsc_myt2

良い場所に鮎師が入るのは毎度の事。

今回は時期的に、上流への移動が始まるであろう、ヤマメの追跡がしたかった。
なので、やや下流部には朝一で見切りを付けて、入った事の無い、上流部へ移動。しかしこれは悪手だった。

理由は様々に思い付くが、結果として全然ダメ。

時期と条件が違えば結果は変わるとは思う。しかし、この日の釣り場選択としては、厳しいものが。
ここらが見知らぬ釣り場ゆえの仕方なさで、簡単に良い目が見られるほど甘くない、のが実感。それは見立て通りに当てられた時の喜びが大きい、その反動かも知れない。

タダで帰るわけにはイカナイので、探索自体は真剣に行ったつもり。
今釣行が次回以降に活かされることを願うのみだ。

来週が今年最後の飛騨通いになる。
ほんの数回の釣行では、経験不足なのは承知しているが、来年以降もある。今年は何度も楽しく釣らせて貰ったので、今後に楽しみなフィールドの選択肢が増えた事は確か。

Dsc_myt3_2

久しぶりにカワサバを釣った(実は別河川で今年、もう一尾出会っている)。
これまた正体不明と言うか、不思議な魚だと思う。

水産試験場などではイワナとヤマメ(もしくはアマゴ)を交雑させて生まれると聞いた。F1と言う一代限りの種と言われるこの魚。
そもそも「交雑」なんて、例えばチンパンジーとゴリラの合いの子がと想像すれば、アリエナイように思うのだけど?
交尾しないから? そんな魚も自然界で生まれちゃうのかな??

商品価値の無い魚を、誰かが造って放流?
よほどの経済力があるなら別として、普通の養鱒場ではそんな事してない気がするけどね。

今年から開拓を始めた、高山~飛騨地区。

まだ竿を出していない区間も多いが、何ヵ所かのお気に入り場所は発見できた。時期と条件を見定めて、狙った釣りを展開したいものだ。

父子・北海道遠征・道南

昨年に続き、2回目の父子での北海道遠征釣行。

珍しく台風の連続上陸を受けた北海道は、各所で水害まで発生している。危険は承知でも、航空券やレンタカーは手配済みなので、今さら日程の変更は出来ない。
各所から情報を集めて、行き先候補が二転三転。出発前から珍道中の始まりとなった。


 
・初日

道南地区の川へ向かうも、何処の河川もドロドロで、しかも雨が降り続いていた。
無理矢理竿を出せなくもないけど・・更に増水してきそうだし。

道中、千歳川水系は濁りが少なかったので、引き返すことに。4時間以上も川を探してドライブしてしまった。

Dsc_hde12 ←格闘中の坊主

ウチの坊主の先攻で、釣り開始の第一投。
すると一発でブラウンが出た。坊主は初めて釣る魚なので、まじまじと観察している。

この後もサイズはともかく、非常に魚の反応が良く。
ニジマス、ブラウン、それと仔ヤマメが次々に。

魚種が何でも、これだけ子供の竿が連続で撓るなんてことは、普段の中部河川ではまず絶対に無い。
私は後攻で、子供の後で竿を出す。それでまたザクザク釣れるんだから、魚影の濃さは凄いなぁ。台風を避けてか、釣り人があまり居ないのも一因なんだろうけど。

何を釣り上げても、嬉しそうな笑顔を見せる坊主。
そこそこのサイズが相手になると、いつも以上に真剣になっているのが見て分かる。無事取り込んだ時の表情、これに出会えたらもう、この旅は大成功かもね。

Dsc_hde11

増水時の狙い目は、地域や魚種が違っても、普段の本州の釣り場と変わらないのだと感じた。これは一つの手応えで、自身の釣りの考察を重ねられたと想う。

私的に不思議なのは、新仔のヤマメやウグイと一緒に、ブラウンやニジマスなどの魚種が泳いでいる事。 食べられちゃったりしないのだろうか?

存分に数釣りを堪能して、初日はここまで。

 
 
・2日目

3発目の台風の接近・上陸の影響で、未明から大雨になった。
朝一番に本流域を観て、あまりの水色の酷さに絶句・・・昨日よりも更にドロドロじゃんか。

千歳川に戻ろうかとも考えたのだけど、台風の通過後は晴れるので、水引の早そうな支流を探すことにして、昨日より更にロング・ドライブ。

Dsc_hde10

午前中は全滅だった渓も、午後から濁りが薄まってきた。
まだ色は悪いが、泥濁りよりはマシなので、チョイチョイと降りて釣ってみると。

こんな水でも反応はある。実はちょっとビックリ。
おそらくニジマスであろう魚に、ビュウッ!と一瞬のイト鳴りで外されたり。

大水過ぎる時は、釣りが難しくなるように感じていて、敬遠しがちだったのだけど・・これまた目から鱗の体験。

Dsc_hde9_2  Dsc_hde7

ヤマメ達は秋色を纏い、第一印象「とってもエロい」(笑)。

坊主も秋色ヤマメに出会えて、「綺麗な色だ~!」とまた笑顔。

釣り上げた魚達をジックリ観察したいのだけど、釣りもしたい。移動に時間を取られたこの日は、足早にドタバタと忙しい釣りになってしまった。楽しいからイイのだけどね♪



・3日目

待ちに待った、快晴!

Dsc_hde3 ←サマになってる?

水が落ち着いてきて、本支流とも、濁りが薄まっている。朝から早速戦闘開始だ。

Dsc_hde6_3

この日は今まであまり顔を出さなかったイワナ系が元気。
ちょっとしたポイントからポンポンと出て来てくれる。

膝下程度の水深の瀬を打ったとき。
根掛りのような、アタリが出た。軽くアワセを入れると、一気に竿が絞り込まれた!

何だぁ?! 大きいぞ?

しばし沖へ手前へと暴れる魚をいなしていたら、姿が見えてきた。

「うおー!デカイ!!」後ろで坊主が騒いでいる。
50は超えてるだろうという、アメマスだ。

徐々に寄せ、手前の緩みに誘導した時、草に一瞬イトが絡んだ。

マズイ! ・・・本当に一瞬のこと。これでアッサリとバラシ・・・・・。。

しまった・・・・・くっそ~、惜しい!!

多分、アワセが早すぎて浅掛かりだったのだと思う。
色々な魚種が釣れる北海道では、タイミングのズレはままあること。
しかし、何も大型登場の時に喰らわなくても。。。

Dsc_hde5

気を取り直して場所移動。少し上流域まで行ってみると、本流がギリギリ行けそうな水量まで水が落ちている。
私の好きな、増水の本流。子連れなので、足場が確保できる場所のみ探ることにして、釣り再開。

薄濁りで水深が良く分からないので、まずは私が様子見しようと振ってみたら、一投で出たのがヤマメ。30センチを少し切るくらいのサイズだ。ここらでは大型の部類じゃないかな?

子供と交代交代で竿を振ると、出る出る・・

Dsc_hde4

ヤマメ、イワナ、ニジマス(+ウグイ)、 こりゃ楽しい。サイズは大小様々に、次々に反応がある。
初日に感じた、増水時の目利きはまんざらでもない、そんな手応えが、ここでもハマってるようだ。釣りはやはり、自分の読みが当たって魚と出逢える、そのプロセスを経た方が、満足度がグッと上がる。

ここでビックリするような大型が出れば満点なんだが。

そもそも釣り自体、台風増水の影響で諦めかけていたので、釣りができることがすでにラッキーとも思える。こうなると一尾一尾との出会いに、本当に感謝の気持ちが強く湧く。

Dsc_hde1_2

この楽しさ、歓びを今年も長男と共有出来た。

小学生の長男には、濃すぎるほど濃い内容だと想う。
普段の釣り場ではまず出来ない経験が、山盛りに詰まっている、それが北海道。

お父ちゃんの私の方も、訪れる毎に、新鮮な発見や手応えを幾つも持ち帰っていて、そのことが遠征の主目的の一つにもなっている。

最終日のコンディションで初日から釣れたら、どんだけスゴイ釣果になったかとも思うけど、たら・ればを言っても仕方がない。

もうそろそろ時間的に最後のポイントかな。その事を長男に伝えたところ、

「もう終わっちゃうのかぁ~」

そうか、こんだけ楽しかったら、まだ続けたいよな。
その一言で、今回の釣り旅は大成功だったと、再確認できたよ。

またいつか、一緒に行こう。

Dsc_hde2

この度の台風襲来により、北海道では各地で被害が出てしまいました。

そんな中、釣り遊びとは・・とお感じの方も居られるかもしれません。

私も多少なり気の重さを感じなくはありませんが、自分に出来ることがあるならばともかく、そうでないなら普段通りに振舞うのが一番いいと考えています。

一刻も早い被災地の回復をお祈り致します。

釣果と精神状態

リオ・オリンピックが開催中で、連日報道が流れている中、大舞台に立つ選手たちのメンタルの強さは、どうなってるのだろう? そんな事を考えてみた。

とんでもない強靭な精神力が無くては、オリンピック選手になんか、絶対成れない。

選手だって人間なんだから、嫌な事も起きるだろうし、ツラい事もムカつく事も、日々あるはず。だけどそんな事に意識を取られてたら、試合中に十分なパフォーマンスは期待できないのではないか。

心技体のバランスを高次元で保てるのが、一流の選手なんだろうな・・。

Dsc_okh31

釣り馬鹿の私ごときと、オリンピック選手を比べてみたって、どうしようもないのだが。 
強く安定した「心」があれば、釣りでも仕事でも、色んなことがもっと上手く行くのかな?なんて思うのだ。

以前「脳の反応」 と言う記事を書いたのを、ふと思い出した。過去の経験が、現在の行動に及ぼす影響に触れたものだった。今回は当時書いた記事に、最近思い付いた事を足してみようと想う。
 

今から1ヶ月ほど前の事。
プライベートでちょっとした揉め事をやらかした。

相手は私より年上の方で、知り合ったのは数年前。出会いの縁は大事にしたいし、年長者への敬愛の念は持ちたいのだが、「水と油」的な、折り合いの付かない相手が極々稀に存在していて、今回はそのレアなケース。

どう自分の中で調整しようとしてもダメだった。
年長者への悪口は慎みたいが、通せないものは通せないと言うか・・。

その後は気分が非常に悪く、その状態の自分への嫌悪感も多分にありで。頭を切り替えられずに数日を過ごすこととなった。


モヤモヤした、晴れない気持ちで渓に出ると、釣りの集中力が欠けているのが分かる。余計な事が頭を過り、楽しさが半減してしまうのだ。

先月末に尺物アマゴを2本連続でバラす失態を演じたなんてのは、まさに悪い目を見た例とも思える(バラシの言い訳をするつもりは無いけど)。 
気持ちが荒れ模様な日は、自分でも分からないような、悪い意味での微妙な釣り動作の違いがあるのでは?と、最近疑っている。

これではイカン。何とかしないと。

Dsc_okh33

ありがたいことに?私は実に単純な人間らしい。

「よし!」と思える魚に出会えると、胸中のイヤな事が一掃される。今までのグダグダ感が何だったのかと思うほどに。
こうなるとしめたもので、釣り場に出れば釣れる気が満点。実際に好釣果になったりする。 
 

先週・先々週と、よく釣れる日に出会えたお陰で、先月のトラブルはサッパリと自分の中で片付けることができ、今は心地よい状態が続いている。
これは揉め事から派生した「負」のエネルギーを、釣りの喜びと言う「正」の感情が上回るからだと思う。


思い返してみると過去に何度も、出会えた魚達にマイナス・モードを断ち切って貰って来た。
意識の切り替えのきっかけを与えてくれそうな事柄は、身の回りに色々あるはずなのに、私の場合は一番手っ取り早くスイッチのオン・オフを分けるのは「趣味の釣り」なのだ。

小さいより大きい魚、放流魚より天然魚、アッサリと寄ってくる魚より激しく抵抗するパワーある魚・・等々・・これらを満たすほどに喜びの度合いは増していく。
加えて「好きなロケーションで」「読み通りに」等の、注文を多く付けて私が釣りをするのは、より大きな満足感が欲しい心理が背景にある。

Dsc_okh40_2

私生活でマズい事が起こっても、平静でいられたら、休日の釣りは乱れないかも知れないし、
釣りで好釣果が出れば、多少嫌な事くらいなら吹き飛ばして笑っていられる。

精神状態の良否が、釣果を分ける事もあるのだと、これは経験上の実感。

何がしか心に引っ掛かりがある時。いつも以上に集中力を高めるよう意識するくらいしか、現時点では思い付かない。
一つ加えるなら、良好な心持ちの日の動作を、自分なりに分析しておくのも一手かも。

良いことも悪いことも起こる日常の中で、「楽しさ」を追求し実感して行きたい。


アスリートには到底及ばずとも、大好きな渓流釣りを通じて、心身ともに日々を充実させたいと願う次第だ。

新規開拓の続き

先回の釣りでは、宮川漁協管内にて、良い想いをさせて貰った。そしてポイントの移動中に見付けた各所が非常に気になっており、2週連続で同管内へと出向くことに。

つまり、気に入っちゃったのだ。

  Dsc_ya1

今シーズンは、初めての釣り場に行く機会が多い私。

川が違うと、魚の反応が結構違ったりして、この感覚を調整するのが難しい。

それがこの宮川では、釣り方もポイントの見立ても、ほぼ自分の普段の感覚通りに釣れる。・・と言っても、まだ2回しか竿を出してないので、時期や条件が違えば分からないけども。

見知らぬ釣り場で、自分の見立てたように「型」が出てくれる、しかも連続で。
こんな事は過去に経験がない。



尺を超えるクラスの魚が相手になると、私の場合はヤリトリの最中に「全集中の無音状態」になる。
今までにそれなりの数の魚を相手にしてきて、「慣れ」が多少はあるのだけど、ある種の緊迫感があるのも確かな事だ。

それまで何となく考えていたことは全部忘れ、聞こえるはずの川の瀬音も、セミの鳴き声も、風の鳴りも意識の外。
陸上競技の選手に聞いた話では、ヨーイドン!から走り切るまでは、同じく無音なんだそうだ。

無事に取り込めると、「よしっ!」と独り言が出るのも毎度の事。
充実感や安堵感のような、心が満たされる感覚があり、ここに来て良かった、更には、釣りをしてて良かった、と感謝の気持ちが湧いてくる。

釣りのプロセスにおいて、「読み」の部分が当たったと感じられる時は尚更。

今回のように見知らない場所では、夏の今時期、どんな場所に魚が居るか?そんな想定から釣りが始まる。
地図を観て、現場を見て、川底の色、水量、色んな要素を観察して、狙い目と釣り方を選ぶ。

  Dsc_ya2

2週連続で、本当にたまたま、なのかもしれないが、初めての場所でこれだけ釣れれば言う事ナシ。

胸中には感謝の気持ちと、すでに次の釣り欲がフツフツと。

次は何処で、どんな釣りが出来るだろうか。ワクワク感が止まらない。

新規場所を当てる

  Dsc_okh32

「尺ヤマメ」
普段アマゴ域で釣りをしている私は、初めて出会った。

今回は高山市の宮川漁協管内。
以前に支流の一部を探ったことがある程度で、殆ど知らない新規釣り場。

更に私は、ヤマメと言う魚をあまり釣ったことが無いし、知らない。

  Dsc_okh36

うん、やはりアマゴとは雰囲気が違う気がする。
見知らぬ場所で、ポイントも分かっていないのに、よくも出てくれた。

掛けた場所の下には強い瀬があり、下られたらマズイ、なんて考えてたら、案の定下られて、ドタバタの取り込みとなった(笑)。
強い抵抗を受けた方が、釣り上げた魚に対する印象は深まると私は想う。
そうした意味では、このヤマメはこの先も、「初の出会い」と言う言葉と一緒に、私の記憶に残り続けるのだろう。

  Dsc_okh33

このヤマメは掛かった瞬間に、派手な大ジャンプを見せてくれた。
上へ下へと走り回り、実に元気。
無事取り込んでみると、静かな渓の雰囲気を纏うような個体だと思った。とある支流の魚で、これまた印象深い出会い。

  Dsc_okh38

元気がいいのは本流の魚も勿論。
平均して型が良く、初めて訪ねた場所にしては、上出来過ぎな感さえある。


正直今まで、宮川漁協管内には、あまり良い印象が無かった。
道路から見た程度なんだけど、何と言うか、流れや雰囲気が、私的な好みにあまり合わない気がしていた。


ところがそれは、勝手な思い込みだった・・・と、反省。

今回が好条件だった事を考えに入れても、そうでない日にもまた訪ねてみたいと思える。
ポイントの規模や構えにヨダレが出そうな場所を幾つも見付けたので、今年中にも再訪したい。禁漁期を迎えるのが早い宮川なので、尚更だ。

  Dsc_okh34

飛騨方面の本流では、ニジマスも多い。
これまた元気イッパイで、「今日イチのヤマメか?!」ってヤリトリしてたら・・・とかね(笑)。
ヒレピンの魚体だし、釣ってて楽しいんだけど、私はやはりヤマメかイワナが釣りたいな。

  Dsc_okh39

実は今回の釣行は予定外だった。

一泊二日にて、新規アマゴ釣り場の探索を予定していたのだが。
初日に川で転倒した際、携帯電話トラブル発生で、釣りは断念。急遽高山市内のショップで手続きをする羽目になり。

そのまま車中泊をして、予定変更で高山市内の釣り巡りとなった次第。たまたま出向くことになった釣り場で、実に楽しい釣行となった。

  Dsc_okh31

元の目的だったアマゴ釣り場探索も行きたい。

しかしもう8月になり、渓流禁漁まで2ヶ月を切った今、残りのシーズンをどう過ごすか?

好釣り場がまたも見付かり、嬉しい悩みがまた一つ増えてしまった。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ