« 3月解禁河川と寒の戻り | トップページ | 春の本流 »

縮んだイワナと春の感覚

3月13日
  
ちょっと白状をば。 
近年、体調不良が色々と発現してきた。
 
昨年大晦日には血尿が出て、正月早々に病院送りに。
利き手に職業病の「腱鞘炎」があり、これが始末悪くて、釣りに出ると悪化することも分かってきた。
更には高血圧で病院通いが決定してしまい、しばし朝一の釣りが出来ない。
 
最盛期までには、何とかしたいものだが・・?
病院に行ってる時間がもう、勿体無くて仕方がない。
 
同年代の皆も、先輩たちも、何がしかの不調を訴える方が多く、自分もそんな年齢に入ったのだと、妙に納得するこの頃。
40歳過ぎると、若い頃と違って、色んな不調は「治らない」。
なるようになるさ、と開き直ってる次第。過信する積りはないけど、そうそう簡単に私はクタバラないからね(笑)。
 
Tsh1
 
そんなわけで、ここ最近は昼頃からの出撃が多い。遠出は難しいので、割と近い長良川への釣行が増えそう。
 
先回見付けた大イワナを再度狙いに行ってみた。
大きく下流側に回り込み、慎重に近づき、ジックリ狙ったら。
 
・・どうやら一週間の間に、半分以下のサイズに縮んでしまっていた(笑)。
見える場所に出てくる大物は、何かのタイミングが合わないと出てくれないのだろう。
 
まぁ、お約束と言うか。
想像通りの展開に、一人で笑ってしまった。
 
今年の初イワナだし、嬉しい・・ような、悔しいような。
水の変わるタイミングがあれば、再挑戦しよう。
 
Tsh4
 
大イワナ・ポイント以外は、凝りもせず新規開拓に。この効率の悪くも、新鮮な感覚に、昨年からハマってしまっている。
 
ちなみに釣りの方は、利き手の右をなるべく庇うようになった。
 
左手で出来る動作はなるべく左をメインに。
右手の、特に指に掛かる負担を少なくすると、後で痛みが出ることが少ない。
 
今まで釣りに限らず、どの指、どの関節に負担が掛かってるかとか、考えた事が無かった。
だけども、ゲンコツが握れないほどの痛みを経験すると、そうも言ってられない。
仕事は勿論だし、趣味の釣りも止められないから。体調の不良と付き合いながら、騙し騙しヤルしかない。
 
手の痛みを出さないよう、竿の構え方など、色々見直してみて。
これはこれで、釣り方をあらためて考える機会にもなったと、前向きに捉えることにしている。
 
Tsh2
 
今回、ちょっと驚きがあった。
 
アマゴ達の一部が、すでに瀬に入っていたことだ。
 
段々瀬の白泡の中とか、瀬尻の受けとか。
最盛期ほどでないにしても、流れの中で捕食する個体が何尾か居た。
 
まずまずのサイズも出たけど・・ハズれた(汗)。
 
やはり暖かい日が続くと、魚は元気になる。
もう少し・・気温・水温が安定するか、暖かい雨で増水するか、何かの変化が起きれば、一気に活性化する気配あり。
 
いよいよ楽しみな春が近い。そんな感触を持ち帰られた一日になった。

« 3月解禁河川と寒の戻り | トップページ | 春の本流 »

2017渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419207/69923841

この記事へのトラックバック一覧です: 縮んだイワナと春の感覚:

« 3月解禁河川と寒の戻り | トップページ | 春の本流 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ