« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

遠征・熊野川

5月8・9日

 
十数年も前、釣り情報を眺めていて、目に留まった河川、熊野川水系・北山川。
何となく魅かれるものがあり、出掛けてみた。
 
独特の景色と流れ、川の雰囲気が、私の知るどの河川とも違った。
以後、年に1~2回ほどは通っていたのだけど、近年はご無沙汰で。
 
Kes1
 
今回は奈良県在住のT氏のお誘いで、この地に再訪することに。
 
年月を経ても、当時の雰囲気は変わっていなかった。
 
仕事や家庭の事情もあり、中々行きたくても行けない場所の一つだっただけに、再訪出来た事にジワリと感動。
 
Kes4
 
狙いは本流アマゴとサツキマス。
なのだが、この景色に触れることと、息子さんを連れてくるT氏との、楽しい時間が釣果以上の目的。

 
結果を先に書いてしまうと。
ある瀬脇の流れから、ドン!と来た!!
 
しかし、一発のジャンプでアッサリとハリ外れ・・
33~34ってとこかな。尺を超す魚体だったのは確か。
 
後にも先にも、らしい手応えはこれっきり。 つまり3人がかりで、ボウズ喰らったワケで。
 
やっと出た反応、バラシた際には大声出してしまった(笑)。
 
Kes3
 
悔しい・・
それは確かなんだけど、「楽しい」方の感覚が勝る。
 
見覚えのある景色と再会でき、以前来ていた時よりは、この大きな流れが、見えるようになった。
地形も植生も、普段の自分の遊び場とはかなり違う。
 
流れの押しの強さは、私が今まで出向いた中では、間違いなく3指に入る。見た目はそうでもないのに、立ち込めない場所なんてザラ。
水深が見た目以上にある場所が多いので、渡れそうで渡れない、とか。水の透明度で勘違い・・? どうもそれだけじゃない気がする。 底石の色とか水流の具合が、見間違わすのじゃないのかな??
 
やはりここは、幾重にも独特な地だと想う。
 
Kes5
 
友人親子と河原で語らい、夜は火を起こして、呑んで食べて笑って。
 
釣果が上がれば尚良かった、のはあるけど、十分過ぎるほどにこの時間は楽しい。
 
 
遠い場所のこと、行く道だけでもシンドイ、のが正直なところ。
 
帰り道はあまりの疲れで、何度か休憩。
次の日は各所の筋肉痛に襲われ、目眩しそうな有様で、疲労具合が中々・・。
 
T氏親子は仲良く?瀬渡り中に水没して泳いでいたから、親子揃って猛烈な疲労具合だったかもね(笑)。
 
Kes2
 
充実感のある連休だった。
 
Tさん、ありがとうございました。息子さんも一緒に、また行きましょ♪

砲弾型アマゴ

5月1日

出会えると特に嬉しいアマゴの一つが、私は長良川本流の「砲弾型」だ。
当地では「デンデンあまご」とか呼ばれてるらしい。

Hda1
 
魚体の厚み、体高がスゴイ!
長良川らしい、このタイプに出会えると、何度見ても見惚れてしまう。
 
GWの最中なので、いつもに増して釣り人は多い。
 
何か所か場所移動するうち、とある淵のベタ底から出てきてくれた。
 
Hda
 
同じ魚を、撮り方を変えて撮影。結構印象が変わる。今後も研究していこう。
 
今回は打率がメチャ低くて、難儀な釣りになった。
どうかな、10回反応があって、1尾捕れるかどうか?
 
対象は魚だけど、相手は人間、そんな気がしなくもない。
 
魚達は毎日攻められて、スレちゃってるのも一因だと思う。
 
あっと言う間に季節が進み、アマゴ達は賢く、そしてコンディションは上がっているのは確か。
ワクワク感が止まらない、ハイシーズンの始まりだ。
 
 
同行頂いた しえら さん、今回もありがとうございましたm(__)m

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »