« ニジマスに想うこと | トップページ | 源流へ »

テンカラ

以前から興味だけはあった、毛鉤の釣り。

10年以上も前に、ちょいとだけやってみて以来久しぶりの復活。
本年から釣りのアイテムに加えることになった。
 
縁あって、道具一式譲って戴いたので、釣らないわけには行かなくなった。
 
しかし。
いざ振ってみると、これが中々どうして、思うようにいかない。
 
チョコン!と反応は時折出る。
それが何度出ても、ちっともハリに掛からない。
そもそも、何時喰ってるのか?アタリを察知する前に、魚が毛鉤を吐き出してる感じ。
 
Tym3
 
初の獲物となったのは、20センチほどのシラメ。
 
10回以上もアタリが出て、やっとこさ一匹捕れた。
 
Tym2
 
一尾取り込むのに、こんだけドキドキしたのは久しぶりだ。
 
釣れれば何でも楽しい。
が、どうも釣り方が間違ってるのだろうけど、掛け損ないが多すぎる。
 
何をどうすればイイのか、勘所がサッパリ分からない。
 
とりあえず、色々試す他はないので、振り方から流し方から、狙うポイントも様々に変えてみるも・・
どうも手応えが無い。
こりゃ、しばらくは腰据えないとだな・・・。
 
Tym1
 
馴れない釣りばかりではフラストレーションも来るので、普段通りに釣ってみたりもする。
 
そんで、またもや登場の大ニジマス・・・。
 
40UPのニジマスなんて、たま~~に混じって釣れる程度だったのに、今年はもう何本目だ??
 
まー、こんな調子で、不慣れな釣りを何とかやって行こう。

« ニジマスに想うこと | トップページ | 源流へ »

2017渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419207/70869036

この記事へのトラックバック一覧です: テンカラ:

« ニジマスに想うこと | トップページ | 源流へ »