« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

増水中の親子遊び

息子が釣りに行きたいと言うので、深夜から車を走らせた。
しかし夜中に台風が直撃して、道中は大雨。時折見える河川は、何処もゴウゴウの大増水。

予想通りの状況・・・私一人ならともかく、困ったな。
 
Tia2
 
荒れ模様の日は、良型渓魚と出会うチャンス。
 
息子に釣って欲しかったんだけど、流れが強すぎて、どうにも釣り難い様子。結局釣り手交代で、イワナが私のタモの中へ。
 
息子の釣りを見ると、型が中々出せない理由が分かる。きっと、私よりずっと腕達者な釣り人が私を見たら、何が不足かを見抜かれることだろう。
 
課題として息子は、激しい流れが釣りこなせない。表層の流れが捌けなくて、魚の居場所まで仕掛けが運べないのだ。
 
Tia4
 
夏キノコも盛りで、山中が賑やかになっていた。
 
親離れしかけの長男は、今はまだ、山へ川へと着いてくる。
雰囲気的には、この夏が最後、くらいじゃないのかな。来年にならないと分からないけど。
 
釣りの技術も、山の知識も、息子の気の向くままに覚えれば良い。
息子としてと言うよりも、初級の釣り人として、学生最後かもしれないこの夏の間に、良い体験をしてくれたら、と思う。
 
そしていつの日にか上達して、お父ちゃんを驚かせて欲しいな。

新規場所散策

思うところがあり、奥山の源流部に近い渓流群を探ってみた。

久しぶりに、実によく歩くこととなり、体力の低下を実感した次第。足なんかもう、ヘロヘロ・・。
 
Gyt2
 
水と景色の美しさが素晴らしい。
そしてそこに棲む魚達も、綺麗な天然の輝きを纏っていた。
 
元々は自然美に惚れて渓流釣りを始めた私。
特に夏の暑い時期、標高の高い渓は気持ちが良い。
そこに美しい魚が居るとなれば、探り甲斐がある。
 
Grt3  
 
実は目的が幾つかあって、以前から時間のあるときに歩いてみよう、と考えていた場所。
 
熊や猪や猿やと、野生獣のナワバリであり、奥が物凄く深いので、チョイチョイと気軽に入れるわけでもなく。
予想はしていたものの、歩き難くてシンドイ場所も多々。
 
Grt1
 
見るもの全てが美しい、素晴らしい場所だった。
 
もうちょっと・・近いと嬉しいのだが。
人里離れた場所でないと、こうした天然の魚には中々出会えないのは致し方なしか。
 
結果として楽しめた釣行ではあったが、最初に探索目的としていた件は、残念ながら未達成となった。
また地図を眺めながら、今回歩けなかった区間を歩こうと思う。

« 2017年7月 | トップページ