« 「人」から学ぶ | トップページ | 夏の子連れ釣行・初戦 »

アマゴ水

5852_2

 
全国各地で大雨となった先週、大きな被害が出た地域もあった。
被災地の一日も早い回復をお祈りいたします。
 
 
私の地元はそんなに大した降雨もなく、梅雨末期らしい長雨、程度で済んだ。
こうなると、空梅雨で流れの勢いが乏しかった河川が、久しぶりに潤うはず。
洪水まで行ってしまうとソレどころでは無いけども、増水したくらいで済んだ地域では、渓流の釣りには絶好と思えた。
 
 
事前に、「イワナの日」になるかもと予想。
まだ濁りを残した流れ、アマゴが動くのはこの引き際かと。
 
5857
 
しかし予想に反して、イワナは静か。
 
これまた予想が外れて、釣ってる間に濁りが薄まり、かなりの増水ながら、水色がクリアになってきた。
こうなると、アマゴが出るわ出るわ。「雨後」と表される通りで、普段は何処に隠れてるかと想うほど、そこら中で反応がある。
イワナの日を飛び越えて、アマゴの日に当たったようだ。
 
5867
 
増水時に限らず釣りの手応えとして、アマゴが元気な日、イワナが元気な日、両種とも元気な日、がある(全然手応えの無い日もあるけど)。
何がどう違うのだろう?
 
アマゴとイワナを釣り比べると、サイズが同じなら、俊敏で賢いのはアマゴの方。
今回のようにアマゴが元気イッパイな日は、イワナは何処かに追いやられてる、とも思えるが、ではデカいイワナですら、良いポジションが取れないと言うことになるのかな?
 
 
これは今回の話であって、良い構えのポイントから、イワナが次々に出てくる日だってある。大場所に潜ってみると、混生河川では大体両種とも、複数匹泳いでるのが普通。
釣り方を工夫して臨むのは毎回の事だし、違いを探そうと頭を捻っても、「今日はこんな傾向だった」と結ぶしかない日ばかりだ。
 
5845
 
では何故に色んな疑問について考えるか、と言えば。
 
積み重ねた経験の中から、今後の釣りを、私的な成功に繋ぐためのデータ収集であり、その分析が必要だと考えていて。それに自然の事象を観察すること自体が、好奇心を満たす、この趣味の面白さの一面でもあるから。
 
実際には、同じパターンにハマる日など2度と無くて、だからこそ面白くて仕方がない。
魚の反応が良好な今回は、釣り方自体を色々試せるのと、様々な個体を観察できるので、尚更楽しくなる。
 
↑画像のイワナは、色々考えて、やっとこさ引き出した一尾。やっぱし、居る処には居る。それが反応するより先に、アマゴが飛び出してるのかも知れない。
ならばアマゴの敏捷性を避けられたら、大イワナの連発なんて事になるのだろうか?
しかし今回は、良型と呼べるイワナは、これ一尾のみだった。
 
5881
 
レギュラーサイズの魚達が元気で、意識せずに数釣り状態になると、居るはずの大型に届かない場合がある、と感じている。
 
今回のように一筋の流れから複数匹の魚が出てくるような日(私は理由あって、「魚の活性が高い日」とは表さないことにしてます)。
もっと良型が混ざっても良さそうなのに、そうならない事が多い。今回の釣りなどは、まさにそれ。
想像だけど、掛けた魚達とのヤリトリの最中に、こちらの気配が水中に伝わってしまったりしてる、のじゃないか?
 
小型ならサッサと取り込んでしまえば良いが、そこそこ良いサイズともなると、幾らかのヤリトリが必要になる。この時に、例えば40センチに絡むようなサイズが近くに居たら、何処かに姿を消すかも?と想うのだ。
 
5879
 
釣りの最中に採取した山菜を食べながら、一人反省会をする。
 
ヤリトリで場を荒さないよう、普段それなりに気を付けてるんだけど。
今回の様な増水の激流が相手になると、掛けた場所から魚を出してしまうと、流れに乗られてバラシが増える。今回も目測で8~9寸の魚が幾つもハズれた。
 
着いて下れない場合、一気に抜き上げるか、それが出来ない魚はその場で弱らせるしかない。
だけどソレをしたら、そのポイントは潰れるだろう?
もしももっと強い流れの場所で魚を掛けたら・・??
これもまた同じシチュエーションは2度と無いから、何度経験しても「出たとこ勝負」な感が消える事はない。
 
5873
 
自然が成す事柄の中に、「釣り」と言う人間側の思惑を絡めて、自分なりの正解を探す。
思い通りに事が運ばないからこそ、僅かでも手応えを探したい。
いつまでも、何処までも、追い掛け続けて止むことがないのだろう。何て幸せな趣味かと想う。

« 「人」から学ぶ | トップページ | 夏の子連れ釣行・初戦 »

2018 渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419207/73838595

この記事へのトラックバック一覧です: アマゴ水:

« 「人」から学ぶ | トップページ | 夏の子連れ釣行・初戦 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ