« 2019・渓流解禁釣行 | トップページ | 2019・郡上地区渓流解禁 »

渓流画像に想うこと・自然と不自然

Dsc_ty4

この画像は4年前に撮影したもの。

水面の反射を写さず、我ながら綺麗に透明な水が撮れた。

渓流の釣りをする中で、釣り上げた渓魚と、周囲の自然を綺麗に撮影したいと、カメラを構えるようになった。

今ではこれも、外せない「渓流釣りの一部」。元々私は、水と景色、そして渓魚の美しさに惹かれて渓流釣りにのめり込んだのだから。

 
ゴッツイ一眼レフを見ると、欲しくなったりするのが正直なところだけど、お金の問題もあるし。
カメラを買ったら、小遣いが無くなって釣り行けないとか、嫌なんでね(笑)。

防水であること、耐衝撃性が高いこと、などを理由に、今の機種に行き着いた(ニコン・AW1)。

ちなみに携帯電話は、山中で過去に2台も壊しているので、今は出歩く際には持ち歩かない事にしている^^;
 

・・・・・・・・・・・・ 
 
知人に「夏に川遊びがしたいから、良い場所があれば、教えて欲しい」と言われ。

地元からほど近くて、水と景色の美しい渓流を幾つか紹介した時の事。

便利なもので、携帯電話でコチコチと河川名を入力すれば、画像や動画が簡単に探せる。

 

そこで検索結果を見せて貰って驚いた。

何らかの「加工」とか「補正」とかが施されてるらしい画像が何点かあり、「美しい自然」じゃなくて「美しいと見せる不自然」みたいな?

異様に青味の強い山の緑とか、やけに鮮やかに赤い花とか。
 

携帯電話の画面の問題もあるかもしれない。しかしそれにしても・・。

知らない場所ならともかく、実際に見た事のある場所だと、そうした画像にはどうも違和感がある。
・・・と言うか。正直、「気持ち悪い」のだ。

多少の事ならさして気にもならないかもだが、あからさまに色や明るさが変えられるのは、元の自然から離れてしまわないか?

 
・・・・・・・・・・ 

山菜・キノコ採取を趣味の一つとしている私は、スーパーで販売される商品に、時折強い違和感を持つ。

鮮やか過ぎるほど鮮やかな黄緑色の「タラの芽」とかは、初めて見た時はかなり驚いた。だって不気味だったから。

これは栽培の際に使用する肥料の種類なんかで、土壌のPHが変わる事で、色まで変わるのだそうだ。

輸入物に至っては、かなり寒い裏話もある。・・・省略しますけども・・。

 

アマゴやイワナの養殖成魚。

これも時折、渓流育ちの魚とは別物かと見える色彩のものが販売されている(全部がそうではないけど)。

典型的なのは、朱点がやけに多く大きく、そして赤い“アマゴ”

これも栽培の山菜と同じようなものなのか、与えるエサの成分で、朱点の出方が変わるらしい。
ヤマメとの差異を強調する為、わざと強く朱点を浮き上がらせると聞いたが?

どうしてもあれらの魚達に、悲しいと感じてしまう。って言うか、怖い^^;

 
私が渓流の加工画像に感じる「違和感」とか「気持ち悪さ」とかは、おそらくは↑これらと同じ性質のものだ。

 

・・・・・・・・・・・・

自然の中で見える、感じるものに、人の手が入ると別物に変化してしまう事がある。

私は知人には「自然美を見られる場所」を紹介したつもりだった。

実際にその場に行けば、目に映る自然の綺麗さは画像の比ではない。
 

栽培の山菜やキノコ、養殖の魚と違い、景色は食い物ではない。

そう言う意味合いではなくて、本来の美しさとは違う、妙な人為の入った景色の画像に残念さを感じるのだ。

 

画像の加工が悪いと言うつもりではない。

それは写真の楽しみ方の一つだし、それが好きな人も居るだろう。

撮影時にすでに、色彩を変える設定も出来たりするし。
 

人工物は違うかもだが、目で見たままに近い色彩の方が、自然の美しさは写真に映り込むように想う。
なので色彩の加工を施すより、シンプルに撮影に気を配った方が、風景画像などは良いと感じるのだが、どうだろうか。
 

・・・・・・・・・・・・・ 

渓流で撮影する際、私的に大事かなと考えてるのが、天候と太陽の位置。

透明度が高い、美しい流れを撮りたくても、カメラと立ち位置で角度が悪いと、水面が反射して上手く写せない。

しかし立ち位置を変えようにも、そんな都合のいい足場があるとは限らないので、前に出たり下がったり、立ったり座ったりして、何とか上手いこと出来ないかと?毎回頭を捻るのだけど、ボツ画像の発生率はかなり高め(^_^;)

 

私程度の撮影技術では、歯噛みすることはしばしばある。

それでも、それなりに工夫することで、後で見ても「綺麗だな」と思える画像は増えてきた。

どんな写真を「良い」と思うかは人それぞれ。
私は私なりの、「出会った時に感じた自然の美しさ」を残していこうと想う。

« 2019・渓流解禁釣行 | トップページ | 2019・郡上地区渓流解禁 »

釣り語り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渓流画像に想うこと・自然と不自然:

« 2019・渓流解禁釣行 | トップページ | 2019・郡上地区渓流解禁 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ