« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月26日 (火)

冬キノコ・始動

0jmkb1

朝晩は冷えるようになってきた。

でもまだ日中は暖かくて、上着なしで山を歩いても、どうと言う事もない。

しかし暦は進み、間もなく年末。霜が降りても何ともないキノコ達の出番の季節。

0jmkb5

ヒラタケの発生の勢いが良い。

これは晩秋~初冬に沢山出会えるキノコ。

こうした青みを感じる個体が嬉しい。

大きく開く頃、虫こぶが付いたものが多くなり、別に何ともないのだけど、どうも食べる気が・・。

0jmkb2

今回の採集で嬉しかったのは、ここ2年ほど発生が静かだった、エノキタケとアラゲキクラゲに多く出会えたこと。

でも今までの生え場が朽ちてしまい、新規開拓しなければならなくなった。

 

樹上生のキノコは、木材が朽ちるまでは毎年同じように発生するけど、最後はポツリと発生して、次の年からは出なくなる。

樹皮が剥がれ落ちると、極端にキノコの発生量が落ちるところを見ると、分解の一つの目安なんだろう。

0jmkb9

キクラゲの仲間に関しては、私が今の住居に越してきた当時は、何処の山でも見掛けた。

それが段々出なくなって、ここ2年ほどは本当にポツリと採れるまでに減ってしまっていた。

何故なのか理由はわからない。

それが今回、複数個所でその姿があった。

今年はキノコの発生がイマイチ良くないと、各所で聞く。

だけど種によってはそんな事はないような気がする。

0jmkb4

老菌だったので採らなかったけど、ヌメリスギタケモドキの発生が沢山あった。

私の地元では、やや珍しい種なのに、不思議。

 

このところ晩秋のキノコはハズレを引くことが多くて、歩き回った割に大した収穫にならない日が多くあった。

ところが今年はどうやら様子が違う。

昨年のような調子なら、キノコは諦めて違う遊びを探そうと、本気で考えたのだけどね。

0jmkb6

犬も歩けば何とやらで、それっぽい山を歩くと、何がしかの発生に出会える。

この「それっぽい」と言う感覚は、鈍い私は、分かるようになるのに随分時間が掛かった。

簡単に説明するなら、「やたらと山がゴチャゴチャしてない」となるかな?

風の通りのいい、落ち葉がやたらと積もって無いような、かつ下草がボウボウ生えて無いような、それでいて日当たりが強くない、そんな場所。勿論、自然の事には例外はあるけど。

0jmnb3

ナメコも出ていた。

この木はほぼ朽ちかけているので、今年の発生が最後だろう。

元々ナメコは私の地元には殆どないキノコ。初めて見付けた時は驚き、我が目を疑った。それから数年、何ヵ所かで見るようになった。

何処かの原木栽培などから、菌が飛んだのかもしれない。

昨年はまるで出なかったけど、今年は一か所だけ出てくれた。

0jmkb7

今回は主に新規開拓だったので尚更だろうけれど、今までキノコの姿が無かった場所に、結構色んな種が出ていた。

どうも何かの条件が今年は良いらしい。

ダメ元で歩いていても、各種のキノコが目に入って来る。

何が例年と違うのだろう。

 

数時間歩いただけで、そこそこの量が採れた。

これでまた暫くの間、キノコ料理が楽しめる。

山に、自然に感謝♪

2019年11月20日 (水)

晩秋キノコを当てる

このところ外れ気味な晩秋のキノコ。

いっそ駄目元で新規開拓に出ることにして、地図で見ていた数か所を廻ってみたのだけど。

やはり地図で見るのと、実際に歩くのでは印象が違っていて、どうも良い山な感じがしない。

今回も外れを引くかな・・と、チョイと諦めムードに。

 

3ヵ所目に向かう途中、車窓から山中の枯れ木に生えてるキノコが見えた。車が停められないのでパスしたけど、多分ムキタケ。よしよし・・これなら何かの収穫は叶いそうだ。

それにしても我ながら、走ってる車からよく見えるよな、って感心してしまう。

山菜とキノコは確かに見える。私より目の良い人は居るだろうし、見落としもあるとは想うけども。

0bsk1 

 

0bsk5_20191120113301

林道沿いの斜面に、クリタケが出ていた。

この時期はタイミングが当たると「クリタケ祭り」の開催に出会える。

今回は当たったようだ。

0bsk7

近年の私の行き先では、晩秋のキノコの発生がイマイチ良くない。

その中で、何故か勢いが衰えないのがこのクリタケ。

とってもありがたい今時期の収穫物。

それにこのキノコは、私が採取をするようになってから、一番最初の段階で覚えた種でもある。

食味より、その姿が私はお気に入りなキノコの一つ。

0bsk3

 

0bsk4

諦めかけていた、ナメコの株にも出会えた。

こうした株立ちを見付けると、嬉しくて一人で声が出てしまう。

誰も居ない山の中で、「うぉー!」とか「あぁぁー!!」とか、もう叫んじゃったりするのですよ。

山の神様、ありがとうございます!

 

私が声を思わず出してしまうのは、今のところはキノコの株立ちと渓流魚の大物だけ。

マイタケは「舞いたく」なるほど嬉しいそうだけど、渓流釣りシーズンの最終と時期が重なるので、私はパス。

0bsk2

何て艶々で綺麗なんだろう。

あくまで個人的な感想だけど、とっても「可愛い」。

昨年も今年も、大きな株にあまり出会えていなかったので、一層嬉しい。

良い年だと一杯発生するのだけどね。

0bsk6

 

0bsk

チャナメツムタケ、シロナメツムタケも良い。

これはこれは良い場所を見付けた。

今まで近くまでは行った事があったけれど、入るのは初めての場所。

 

山の窪地とそこから延びる斜面のバランスが絶妙で、下草が少なく、空気の通りの良さが分かる。

地面からも木からも各種発生してるので、あっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロと、結構忙しい。

そう、この「忙しい」感覚が、私にとってキノコ採りの大きな楽しみ。

 

キノコ採りをやる、と人に言うと、「マツタケなんかも採れるの?」と返されることが多くある。

一般的にはマツタケは有名だし、希少さもあって高価だし。

でも採りたいとはあまり私は想わない。あったら良いな、程度。

何故なんだろうと、自分でも不思議だったのだけど、束で採れるキノコとの出会いに喜びを感じるからだと、近年ようやく気が付いた。クリタケの束生が今も好きなのは、これが理由。

0bsk8

黒っぽい、晩生のムキタケ。

これは昨年は豊作だったけど、今年はイマイチ。

昨年と今年、同じ条件でないし、幾ら考えてもその差を生む原因は分からない。

キノコの世界は不思議が多く、それがまた魅力でもある。

021bsk

今年のアウトドアでは、一番の収穫の日となった。

釣りも含めて今年は外れが多かった。

どうも印象深い遊びが少ないなと感じていたのだけど、貯金が返ってきたよう。

実に楽しい山行。新規開拓は大成功! 本当に色んな事柄に感謝♪

 

ちなみに日中の最高気温は8℃だった。

もう随分涼しく、朝晩は寒い。雪が乗ったら奥山の遊びは終了となる。

晩秋のうちに思い切り楽しめた。 これで安心して冬を迎えられそうだ。

2019年11月 6日 (水)

渓釣り馬鹿親子の海遊び

Htri003 

 

002

何年ぶりになるのだろうか、海の釣りに行くことに。

ウチの中学生の長男、友人の小学生の長男と一緒。

 

親父は同い年で、もう20年も前から、一緒に遊んできた。

 

渓流釣りからの縁で出会い、ずっと今まで付き合ってる。

 

互いに男子の子宝に恵まれて、次世代に目を細めながら、しかし不出来な息子の文句を交換するのも楽しいもの(笑)。

004_20191105140401

虫、エビ、ルアー、何でもアリ。

投げ、サビキ、胴付き、、って範囲が広がると、お金掛かって仕方ないから、ある程度絞っての釣り。

 

・・・・

20年前には、こんな光景は想像すら出来なかった。

良い友人と出会えたものだと想う。

 

私らの子供達が、将来はさらに濃く付き合い、楽しんでくれたら良いな。

 

子供たちが成長し、そして私らは同じく歳を重ねる。

 

 

この友人のことを紹介しておこう。

電話で話すと、

「おい、キノコ採って送ってくれ!」
「山菜が喰いたいから、持ってきてくれよ!」

 

あのな、俺はお前のパシリと違うぞ?

って、そんなことは何も腹が立たない。

分かった。そんなら持って行くよ。と答えるだけ。

 

全く粗暴な言葉を吐くかと思えば、気の良い、実に楽しい仲間。

今までの釣り人生で、最も多くの時間を共有してきた。

一番沢山話をし、一緒に釣りをし、意見交換し、そして今の自分の釣りがある。

013

親子遊びは、これで何回目だったかな。

親父同士はこれで今年は5回目。

渓流オフシーズンですでに2回目なんだけど、年内はこれで最後になる。

 

私は週末が仕事なので、年に5回も一緒になる友人は滅多に居ない。

よほど重なる部分がないと、こうはなってないだろう。

Hkut008_20191106112901

我々にとって海の釣りは「緩い遊び」と言えると想う。

息子たちは夢中になってるし、親父たちもそれなりに真剣ではある。

しかし、渓流釣りのようには腰が入らない。

トータルの釣果では息子にも負ける始末だし(笑)。

 

イマイチ釣果は出なかったけど、楽しい時間を過ごすことが出来た。

久しぶりの海の魚を食べ、たまには良いな、って想う。

また一緒に遊びに行こうぜ♪

 

・・・・・・

一日明けて、連休だった私は、今度は近所の山へ。

2日続けて遠出するガッツは、今の私には無い(苦笑)。

Amy003-2

狙いはアミタケ。

先週あたりは良く採れたそうだ。

今は山が乾燥してしまい、発生量はイマイチだったけど、とりあえず晩御飯のおかず分くらいは採れた。

 

それにしても、体力落ちたな、と感じる。

2日続けて遊びに行くなんて、正直言ってしんどい。

Amy002-2

早めに切り上げて休憩しないと、次の日からの仕事に差し障るのでね。

若い頃は何ともなかったんだけどな・・。

 

今回釣りに行った友人とも、よくそんな話題になる。

お互い歳喰ったよな、って。

でも、まだまだ。

体の動く限り、自然に遊ばせて貰おう。

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

無料ブログはココログ
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック