« 山菜シーズンイン | トップページ | 春のキノコ・山菜・渓流釣り »

2022年4月30日 (土)

純ヤマトイワナ

私は主に中部圏の太平洋側の渓流で遊んでいて、この地域のイワナ属の原種がヤマトイワナ。現在では各地で絶滅危惧種に指定されています。

 

放流により交雑が進み、純天然のイワナは中々出会えません。

 

Fb_img_1650929039648

 

見た目の特徴として、「背中に白点が無い」(小さい個体には背ではなく体側面に白点があることも)、「体側線上下、主に下部に朱点がある」(出方に個体差あり)。

 

私的にはニッコウ系イワナもしくはその混血種とは、骨格も違うように思ってますが、それは地域の固有性の遺伝なのかなと。

また釣りを通して、ヤマトとニッコウでは、性質(性格?)が違うとも感じています。

 

 

私の場合はヤマトイワナが釣れた際には、あまり深追いしません。「居る」ことが分かればヨシで、その後は何ヵ所か目ぼしいポイントに竿を出すくらいで。

たまたまそこに居たのか、その渓全体が棲息地なのか、そこは見ておきたい。後は時折釣りに行き、その姿を確認しています。

 

Kkyi

純粋な天然種の居場所は今や希少です。

以前某漁協関係で聞いた話で、「ヤマトイワナの保護を広く訴えようとすると、生息地の情報を出さねばならず、止めた」と。

情報公開の良否は、線引きが難しいんですよね。

 

 

ヤマトイワナを、「実際に見て(釣って)みたい」との想いと、「手を出さない方が良い」との想いと、私は両方を持っています。それは所詮はエゴなのかなとも思いつつ。

 

大事にしたい、ならば釣らなければ良い。これは至極ごもっとも。

なので管轄する漁協が禁漁にしている河川もありますね。

しかし釣りが禁止されていない区域では、釣りをするのも、公開も含めて釣果をどうするのも、釣り人の判断次第になっています。

 

 

0mkk1_20220429174501

ネットでは、希少種の情報も幾らかは探すことが出来ます。

気楽に入れる里川に天然ヤマトイワナを探すのは難しいですが、私自身も幾つか、生息地の心当たりはあります。

おいそれと入渓できない奥地の事はともかく、私が日帰り出来る範囲であれば、その気になれば多くの人が行けるでしょう。

 

私はヤマトイワナに出会えた際には、放流魚の遺伝子の入った魚には無い、特別感を覚えます。天然の魚体の雰囲気は、陳腐な言い方ですが、宝石みたいなもので。文字通りに今や「宝探し」みたいなものなんですよね。(そこに居るヤマトイワナも、DNA鑑定でもしなければ、本当にその地の混じりけのない天然種なのかは分かりませんけども。)

 

私の今のところの結論としては、「出会いたいので探して釣りはするが、多くは釣らない」+「生息確認が出来ても、その詳細情報は秘密」で落ち着きました。

釣れても全てリリース、ハリはバーブレス、イト切れしないように太いラインを使うなど、それなりの工夫はしています。

 

Fb_img_1650929043431

ちなみにですが、ある所で出会った高齢の方に源流イワナ釣りの話を聞いた時。

「そのイワナは、ヤマトですか?」と聞いたら、

「ヤマトって何だ?」と聞き返されました(笑)。地元のお爺ちゃんにとっては、イワナに区別など無いのでしょう。元々、何処にでも居た魚だったのですね。

 

 

年々棲息が細くなっていると思われるヤマトイワナ。

確かに今でも居る場所には居ます。

この貴重な地域固有のDNAは、これからもずっと息衝いていて欲しいと想っています。

 

 

 

 

« 山菜シーズンイン | トップページ | 春のキノコ・山菜・渓流釣り »

釣り語り」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
うち近辺(といっても山奥まで行かなきゃですが)では、天然のヤマトイワナが釣れる川はいくつかあります。結局人の手が入らない(放流されていない)、そして下流部と隔絶されている場所ってことになりますよね。
ヤマトイワナが良くてニッコウイワナがダメって話じゃないですが、太古からその川で命を繋いできた魚たちが人の手が加わらない状態で今も生き続けているのは、この時代貴重ですよね。そして、天然魚は強いぬめりに覆われて輝く魚体もヒレも本当に綺麗なんですよね。

一つ気になるのは、木曽川漁協が「ヤマトイワナ」と称して放流している魚。
確かに白点は無いですが、天然ヤマトイワナとは全く違います。外見は違っても遺伝的にヤマトイワナだということなのか、それとも養殖技術で白点を無くしてヤマトイワナに似せただけなのか、とても気になります。

リコプテラさん、おはようございます。
天然のヤマトイワナは、隔絶された源流域でしか棲息がないですね。
あの輝きと言うか、野生の美しさは見惚れてしまいます。
地域の貴重なヤマトイワナは、今後も逞しく生き続けて欲しいと本当に思います。


木曽漁協のヤマト放流ですが。
聞いた程度の情報では、元は最上流域から採取したサンプルの養殖だそうです。
最初は成魚に育ててから一部に放流していて、今は稚魚も各地に入れてるのだとか。
私も釣って見ましたが、稚魚放流と思しき個体は、確かに白点なしのヤマトでした。でも同じくヤマトと言っても、元居た魚とは系譜が違いますからね。

今となっては、ニッコウ系に占められてしまった水域に、どのように影響してくるのか分からないのですが、現状で天然のヤマトイワナが棲む地域への放流は、厳に慎んでもらいたいと思っています。

なかなか訪問できずすみませんでしたm(_ _)m
アイさんのヤマトイワナに対する配慮が素晴らしいなって思いました。
僕なんかだと釣りたい欲に勝てずバーブレスまではできていないので…。
ヤマトは個人的の釣果だと40センチの壁が凄まじく高いです。
30後半は出るけどその先がどうしても遠いイメージです。
ニッコウよりも成長しないのか?その水系の特徴なのか定かではありませんが。
サイズのことを書きましたが、出会えるだけでも嬉しいと思えるイワナであることは確かですね(^^)

けんじさん、お久しぶりでしたね。お元気そうで良かったです(^^)

素晴らしいなんて、そんな大した事でもないんですよ^^;
私はネットでは公開してないのですが、源流の沢へは年に何度か出向いていまして。
そうした際は、釣果そのものよりも、観察が主目的なんです。

仰られるように、出会えることが嬉しい魚ですよね。
私はヤマトイワナは尺クラスまでは何度か見ていますが、その上のサイズは出会えていません。私がちょっと行ける場所だと、それこそ環境的にも大型は難しそうです。
居る場所には40超えも居るのでしょうし、場所にしろ個体にしろ、それを探すのもロマンですね♪

アイさんこんにちは♪

ヤマトイワナのことは難しい課題ですねー
自分がまだ初心者立った頃、何か変わった
イワナが釣れた!とヤマトとニッコウがある
なんて全然知りませんでした。

最後にヤマトを釣ったのは10年前くらい。
全然山奥に行かないので縁が有りませんが
いつまでも生き延びてほしいですね、

ATさん、こんにちは。

本流~一般の渓流域では、純天然のヤマトイワナはかなり難しいでしょうね。
私は山行もするので、まだ出会いの機会がありますが、今となっては本当に希少だと思います。

また以前から不思議なのは、ニッコウが入った河川では、年数が過ぎて代替わりしても地元色のイワナには近付かない事です。ニッコウはニッコウのまま、混血種も何故かいつの間にかニッコウ寄りになってる気がして。

ATさんも年一くらい、どこかの山釣りなどはいかがでしょう。
谷のイワナ釣りも、結構楽しいですよ(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山菜シーズンイン | トップページ | 春のキノコ・山菜・渓流釣り »

無料ブログはココログ
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック