« 秋の入口 夏休み釣行 | トップページ | 渓魚秋入り時期の釣り »

2022年8月26日 (金)

カエンタケのこと

近年、カエンタケ発生のニュースを目にすることがあります。

 

猛毒キノコ「カエンタケ」にご注意ください!

 

カエンタケの記事では、

触れただけで皮膚が炎症を起こす。見付けても触らないように。

 

こうした文言が添えられ、注意喚起されます。

 

・・いささか疑問を感じますので、それを書いてみます。

 

 

 

私は経験から、これは表現が過剰だと考えています。

 

実際、私はカエンタケを触っても、何ともないです

 

「カエンタケを触ると、人により皮膚炎が起きることがあります」じゃないかなと。

勿論、だから触ってみてください、とは言いませんし、危険があるのなら注意喚起もそれ自体は妥当と言うか。

 

しかし「炎症が起きる」と言い切るのは・・どうでしょうね。

 

 

カエンタケの画像が手元にないので、厚生労働省HPから借りてきました。

 

 

 

 

「カエンタケ 皮膚炎」で検索すると、画像と記事が読めます。

 

以下、疑問。

 

・皮膚炎の画像は、本当にカエンタケによるもの?

 

・足の炎症の写真がありますが、素足でカエンタケを触った? 何処でどうやって?? 裸足で山歩きしたんでしょうか。

 

・触れただけでそんなに危険なら、もっと多くの症例が出そうですが? キノコ採りでなくても、小学生がクワガタ探してる際に触れるとか、山登りの人が座って休憩したら触ったとか、ありそうですけどね。

 

・そもそも、ちょっと触れただけで、そんなにヤバいことになるものなの?

 

 

本当に危険なものに注意を呼びかけるなら、確かなソースが欲しい。

怖がらせるため?のオカルト的なウソ話が混在してますから、情報を取る方も注意が要ります。

少なくともカエンタケを触る事に関しては、私個人は当てはまりません。

 

 

 

髪を染めたら、頭皮がかぶれた。

これはよくある話ですが、全員がそうなるワケじゃない。

「髪を染めたら危険。染めないように」とは言われませんね。

 

私はカエンタケに触れても、髪を染めても皮膚は平気。

私が平気だから大丈夫、などと言うつもりも、カエンタケと他の何かを混同するつもりも無いですけどね。

 

症状の出方も含めて、「人によりけりではないの?」って話です。皮膚だけでなく、体の持つ抵抗力には個人差がありますから。

「カエンタケに触れても平気だけど、他の何かで炎症が起きる人」が居ても不思議じゃないです。

 

 

猛毒キノコと言われるカエンタケ。

食べたらヤバい、トップランカーです。

これは毒成分が抽出されていて、その症状に関しては本当のようです。死亡例も報告されてますし。

こちらは食べなければ問題は起きません。

 

 

やたらと「危険危険」「怖い怖い」と流すことは、私は賛成じゃないです。

何にでも言える事で、「正しい情報(知識)で、正しく怖がること」って、大事じゃないでしょうか。

 

 

 

 

« 秋の入口 夏休み釣行 | トップページ | 渓魚秋入り時期の釣り »

山菜・キノコ・その他アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の入口 夏休み釣行 | トップページ | 渓魚秋入り時期の釣り »

無料ブログはココログ
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック