« 山での道迷い | トップページ | 漁協の稚魚放流 »

2022年8月10日 (水)

夏休み親子釣行

毎夏、親子での釣行が恒例です。

しかし今年は息子が高3の受験生。

塾や部活やと忙しく、一緒に出掛けられるのは今回のみ。そこで一泊二日で、山渓を遊びに行きました。

 

 

 

天候にも恵まれ、楽しかったです。

釣りの方は、場所と時間帯によりけりで。良く釣れたり、また釣れなかったり。

 

0nki4

トリカブトの花

綺麗です。「夏」って感じがします。猛毒ですけどね。

 

 

この数日、大雨が降った地域、全然大して降らない地域と様々。

(大雨の地域では災害発生のニュースが出ていて、福井、滋賀など、被災地にはお見舞い申し上げます)

私のよく行く岐阜県内の釣り場でも、エリアにより降雨の有無で、状況がかなり違うみたい。

 

 

猛暑の時期は、場所選びは重要で。

日中の気温水温が上昇する時間帯は、場所を誤ると厳しい釣りになりがち。

 

幾つか息子のリクエストがあり、私が計画をしたわけですが。

思いの外、水が温い渓に入ってしまって、悪戦苦闘するハメに(汗。

どうやら暑気の影響が強く、降雨の影響は少なかったみたい。

 

こんな時には、厳しさを突破するべく頑張るのも一手ですが、見切りをつけて場所移動をするのも選択肢なんですね。事前に第二案、三案の計画をしておいて良かった。

 

0nyo1

息子はルアーと延べ竿の両刀で、まずはルアーから。

その後、延べ竿に持ち替えたら尺上イワナが。

 

 

良いね。

サイズだけが価値じゃないけど、良型はやっぱり嬉しいよな。

幼少時から変わらない、魚を釣りあげると毎回、本当に良い笑顔の息子。

 

ちなみに息子がルアーの時、テンポを合わせる?為に、私はテンカラを振りました。

そんでまずまずの良型を掛けて、しかし息子の目の前でバラすと言う失態・・(苦笑。

 

0nsk1

途中でサッと雨が降りまして。

チョットの事なんですが、それで暑さが少しでも引くと、渓魚の反応が途端に活発に感じたりもします。

 

 

朝の涼しいうちはよく釣れて、太陽光線が出始めたら、サッパリになったり。

そんな時でも実は、釣れないだけで、水の中には魚は沢山居ますからね。

 

状況の変化から、魚の反応が出るのを見ると、いかに普段釣れてないかが良く分かります。真夏はそうした状況変化が顕著ですね。

 

0nsk2

遡上系の魚たちに婚姻色が出てきました。

今はまだエサを追ってくれますけど、この猛暑が抜ける頃には、いよいよ気難しい秋の釣りが始まります。

 

 

今回はアマゴ達が元気でした。

そこへ行くとイワナはイマイチな感じで?

それと婚姻色が出始めたアマゴは、泳ぎ方が夏よりも秋に近い個体が居ます。掛かってからの抵抗が違うんですよね。もうそんな時期か・・。

 

0nki3

 

0nki2

 

釣りに集中したいのですけど、子連れの時はやや控えまして。

息子が先攻で、私は後ろから要所要所で竿を出す感じ。

 

 

それとキノコ!

夏キノコの盛りで、行く場所次第ではゴソゴソと出てるんですよね。

魚も釣りたい、キノコも採りたい。でも行き先は息子のリクエスト優先だし。

 

 

息子はアカヤマドリタケを初めて見たんですが、大きさにビックリしてました。あまりにデカいと虫食いが多いので、そこそこサイズだけ選んで採取です。

私一人なら、今時期には行かない場所で見付けまして。

ここは息子のリクエストがキノコ採りにハマりましたね。

 

0nyg4

痩せ気味の魚が混じる真夏に、パンパンに太った魚も居る。

これは息子が釣りまして、瀬をよく走って、楽しそうでした。

 

0nyg2

こちらは息子がチビッコアマゴを釣ったポイントで、交代した私に。

 

う~ん・・長いけど痩せてるな。

雨降って増水したら、またバリバリ食べてくれると期待。

 

 

 

何ヵ所か移動して回ったところ。

その道中、が出ました。

 

「おい!熊だ熊だ!!」って私の方が大興奮(笑)。

 

今年は私もまだ出会ってなくて、息子は初の遭遇です。

 

 

いや~、探しても見られるモノじゃないし。

実物の大きさ、雰囲気、百聞は一見にしかずで、アウトドア好きな息子には、野生獣(熊)は出会っておいて欲しかったんですよね。これから何度も出会ううち、どんなシチュエーションでどんな個体だったかとか、その対応を覚えてくれれば。

毎回ながら、熊の方が走って逃げちゃうんで、写真に撮れないのが残念・・。

 

0nyg1

細っそりした、大型も居ました。40にチョイ欠けるサイズ。

やっぱり、猛暑の影響は個体により出てますね。

 

それなりのサイズが掛かると、「おー!あるある!!」って親子で大騒ぎです。「ある」とは、「尺以上ある」の略(笑。

 

 

 

酷暑の夏休み。

暗いうちから車を走らせ、日の出の時に見た山の景色が綺麗だったな、とか。

休憩時間に湯を沸かしてカップ麺を作り、その際に採れたキノコや山菜をトッピングして舌鼓、とか。

 

0nki1

 

主目的の釣りも勿論楽しく。

山渓の様々なもの達にも出会えました。

 

高校性の息子と、こんなふうに遊べてる事が、釣果より収穫物より何よりも嬉しい親馬鹿な私。

 

 

あちらこちらと飛び回り、帰って来てから筋肉痛がヤバくて(笑。

 

楽しい夏休みだった。

今夏も良い思い出が出来たことに感謝。

息子の受験が終わったら、また一緒に遊びに行こうと想います。

 

 

 

 

 

« 山での道迷い | トップページ | 漁協の稚魚放流 »

山菜・キノコ・その他アウトドア」カテゴリの記事

渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは 
相変わらず良い釣りされてますね、
実はうちも受験生で来年は大学生×2。
ちょっと苦しいかもです(笑)
更に下にもう1人控えてます

熊は今年もニュースが多いですね~
最近は近隣の瀬戸市内でも出てるら
しいですよ。

ATさん、こんにちは。

受験と言うと、ウチの息子と同級生でしたか。
ナカナカ・・受験生も大変ですよね。
ウチはダブル受験で、下が中3なんで、私の方も色々と制限が掛かっています^^;


東濃近辺でも熊出没の話は聞きます。
元々棲息域ではないので、定着はしないと想うのですけども。


気付けば渓流釣りも後一月半。
楽しく残りシーズンも釣りたいですね。

大きいアマゴを釣られてますね!
太ってるのもいるし個体差がおもしろいです(^^)
ルアーとテンカラのテンポは相性がいいなと思います。
昔は自分がルアー、親がテンカラでしたのでよく分かります!
息子さんと仲が良くていいことですね!

けんじさん、こんにちは。

大きいアマゴは、けんじさんの釣られる魚の半分くらいの重量かもです^^;

仰る通りで、個体差がありますね。
この時期以降は最終形態に近付きますから、体型変化が更に進みますね。
ある意味、一年中で一番個体差が出る季節かなと。


私のヘタクソなテンカラを尻目に、息子はルアーでチャッチャと釣りますから、対決すると負け確定でして(笑)。
でもそんな一幕も楽しくて、仲良しの釣り馬鹿親子です(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山での道迷い | トップページ | 漁協の稚魚放流 »

無料ブログはココログ
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック