« 2022年8月 | トップページ | 2022年10月 »

2022年9月

2022年9月28日 (水)

2022’ 渓流最終釣行・後編

2日目、

初日(前編)の感触から、候補地を考えました。

 

・・・・・・

 

好ポイントが連続する区間。

しかし昨日と同じく、無反応が続く。一通り攻めて、稚魚以外のアタリ無し。厳し過ぎないかい??

 

選択失敗かな・・ちょっと心折れそう。

諦めるか・・でも納得いかないので、戻って再挑戦することに。

 

 

その際流れの中に、まずまずのサイズのアマゴが見えた。

やっぱり居る。

 

仕掛けを調整し、立ち位置も変えて攻め直したら、ようやくアタリ! ・・しかし空振り・・・・。

 

だけど、ヒントが手に入った。

立ち位置をまた変えて、攻める。

 

0son1

 

やっと出たアタリにアワセると、尺上イワナが。

細身だけど、良型に届いた。ありがとう、出てくれて。

 

 

・・・・・・・

 

更に狙うと。

 

小さく、でもはっきりしたアタリが、竿先から伝わる。

アワセた次の瞬間、掛かった魚が下流に猛ダッシュ!

 

来たね!

 

下には行かせない、と体勢を取ろうとしたら、乗っていた石が崩れて、まさかの転倒!?

 

ヤバいヤバいヤバい、早く早く!

竿を持ち直したら、ハリは外れてない。

 

転倒時にテンションが無くなって、魚はそのままそこに居た。

もう一度竿を絞ると、今度は上流ヘダッシュ!

 

凄い元気だ。だけど今度は体勢は十分。下流を取ればこっちが有利。

偶然にも、転倒したことで、魚との位置関係が入れ替わった。

 

 

重いな。これはデカいぞ。

 

なりふり構っていられない。川の中に立ち込み、もう下がらせまいと、竿を曲げて耐える。

緊張と興奮でドッキドキ。息が上がり、膝が震えそうになってる。

落ち着け、持久戦なら大丈夫だ。

 

 

徐々に抵抗が弱まり、魚が浮いてきた。

 

噛み付きそうな顔が見える。緊張の一瞬!

 

Fb_img_1664271798503

 

よぉぉっしゃ、獲った!!

 

いやいや、よくぞ出てくれた!

諦めなくて良かった~。

 

昨日の魚より、更に体高のある魚体。

秋の魚にしては珍しいほどに、パワーとスピードを感じる魚でした。「ありがとう!!」と大声が出ます。

 

さっきまでがあまりに静かだったので、竿に乗った感触が最初は信じられなかったほど。

 

0oas4

 

顔付きも色合いも、サイズも申し分なし。

この魚は嬉しい。釣りが厳しい時ほど、1尾の印象が強まります。

 

昨日今日と、厳しい日に連続で当てられて。場所選びも釣り方の工夫も、満足感ありです。

 

 

 

自分で散々攻めた区間を、更に狙います。すると。

 

Fb_img_1664271810086

 

婚姻色のメス♀。

 

・・・?

さっきまで、良型の気配が薄かったのに、どうしたこと?

 

 

これは秋には特にあり得ることで、「時合い」かなと。

一日の中に何度か、そうしたタイミングがある気がします。

この時合いを読む為に、あらゆるヒントを探すのですが、私には非常に難しい。

 

 

 

紙一重。

泳ぐアマゴを目視しなかったら、諦めて移動したかもしれない。(でも見えたアマゴには相手にされず・・)

 

今回は粘って粘って結果が出ました。同じ区間を行ったり来たり、手を変え品を変え。

自分が先行者みたいなもので、何か違う事をしないといけません。

普段だったら、立たないだろう位置に立ってみたり、やらないだろう事を試したり。

それが今回はタイミングと合致した、のかなと。

 

たまたまかも知れません。でも先程まで無反応だった区間で、連続で良型が出た。見切るが正解か、粘るが正解か、今回は後者でしたね。

釣り方の工夫もで、普段やらないだろう釣り方がハマった、今後に繋がる好感触です。

 

0oag1

 

思い返すと、今年はこの「戻って釣り直す」で、何度も好釣していました。

時間帯が違うと魚の反応が違う。これは多分確かで、何尾か自分で釣った後の場所でも、別の魚が出てきたりします。

では何故に最初に釣れなかったのか? 時間を空けて、何が変わったのだろうか?

 

 

ちなみに、転倒時に脛を岩に打つけて、後で見たらアザになってました。

でも釣りの最中もその後しばらくも、痛みは全く感じません。アドレナリン効果、でしょうね。

 

 

 

この後は、気になってた場所を何ヵ所か探り。

これにて本シーズンは納竿です。

 

0oas6

0oas3

 

全体的には厳しい釣りでしたが、こんな魚達に出会えたら、もう言うこと無し。

 

 

良いシーズンでした。

沢山の魚にも、自然の移ろいから様々なものに出会え、学ばせて貰えました。

 

また来年もそれ以降も、楽しんで行こう。

感謝の気持ちで終えられた、素晴らしい最終釣行でした。

 

 

 

 

 

2022’ 渓流最終釣行・前編

最終幕は一泊二日です。

今回は前編・後編の二部作。

 

 

0son5

深夜から車を走らせると、道中、ウサギを4羽も見ました。これだけ出会うとは、珍しい。吉兆だと良いな。

 

山奥が冷え始めて、エサを摂りに降りて来たのかも。

 

 

・・・・・・

 

淵に通る白波の流芯。

 

右岸側は反応なし。

次は左岸を狙い、少しづつ位置をズラして打っていく。

 

 

ほんの小さなアタリが出た。

一瞬間を置き竿を煽ると、幅広の魚体が翻った!

 

首を振りながら、そのまま流れに乗って、下っていく。

下流は荒瀬、落とすとマズい。

やや強引に竿を絞り、動きを止める。しかし深みから出た魚は最初の走りですでに淵尻の肩にいて、下へ下へと行こうとしている。ここは勝負だ。

 

 

デカいな。

 

これは上流に泳がせるのは厳しい。

魚を止めつつ、自分がその下流側に移動。

 

流芯に魚を誘導し、水流に乗せて一気に寄せる!

 

Fb_img_1664271804822

よぉぉ~し、獲った!!

 

出てくれたね~、婚姻色の鼻曲がり。

 

寄せる際の厳つい顔付きは、何度見ても一瞬緊張感が増します。

そして取り込んだ際の安堵感と嬉しさが。

 

 

 

朝一番のこと。

最終釣行の〆には、上出来。

ありがとう。この魚に出会えたら、さして未練なく竿を納められます。

 

美しさと格好良さを備えた魚体。プロポーションも良し。

 

 

撮影して、サッとリリース。

後で「サイズ見てない」と気付きました。まぁ、良い魚だった、それで十分。

 

0oas7

 

後は今年何度か入った場所や、お気に入りポイントに挨拶して、今シーズンはお仕舞いで良い。

 

 

挨拶とか言いながら、竿は出します。まだ朝だし、追加の魚も狙って行こう。

 

そんで2尾目の秋色を掛けたものの、バラシの大失態。好印象のうちに、止めときゃ良かったな。などと(笑)。

 

 

掛け損ねて姿が見えた魚もいて。

〆で良いとか考えたくせに、悔しいもんだから、何とか獲れないかと頑張りましたが、ダメ・・。

最後の最後まで手強く、楽しませてくれます。

 

 

楽しいのは確かですけど。

9月最終は、釣りはマコトに難しくて。反応あるだけ良い方。

よくぞ朝一番には出てくれた。日中なんか、まるで捕れる気がしないくらい厳しい。が、魚は絶対に各所に入ってるはず。

で、頑張ると、たまにポロッとアタって、でも逃げられたり・・。

何とか尺クラスのイワナが一本出てくれましたが、こちらはまだ夏っぽい個体でした。

 

0son3

 

道中にキノコや山菜を集めるのは、最終釣行でも変わらず。

厳しい釣りに集中しろよ、とは思うのですけども。

 

シーズンを通して山渓の自然を観察し、そこから釣りを考察するのは、とても面白いです。

 

今年は秋入りが早かったのですが、その後は冷え込みが緩やか。つまり季節が足踏みしている。

こうしたことは、キノコ類には顕著に出ますね。秋のキノコの発生がやや止まり気味です。

 

 

 

キノコの発生を毎年見ていると、どんな場所にどんな気候で、出る出ないがある程度は分かってくる。

これはその日までの条件の移ろいを現わしていますから、私はそこから魚の動きを予測します。・・それが中々当たらないですけども。

とにかく、外れても何でも、思い付く限り数撃って、傾向を探してるのですね。

 

0son2

 

経験から、季節進行は秋の渓流釣りに影響が大。

降雨後に冷えるか、暖かくなるか、これは魚の動きに関係している(多分)。夏までとは、違う見立てが要るのじゃないかな。

 

良いタイミングなら、夏までと同じように釣っても、秋の魚は出てくれたりします。ところが大抵はそうではなくて。

降雨で魚が動くのは確かですが、秋の釣りには水が増えたら良いとは限らず。また、朝夕マズメのような、分かり易い時間帯が当たるばかりでもない。

気温水温の低下が始まると、秋モードに魚が変わるのですが。それも個体差があって、方程式は見当たらないんですよね。

何かありそうで掴めない、オバケを相手にしてる様な秋の釣り。

 

0son4

 

もう繁殖行動が済んだアマゴも居ました。

居着き型ですね。婚姻色が失せかけています。

これらの中に、産卵後も生きる個体が含まれているはず。画像の個体はおそらく3年魚なので、ここまでかも。また来春、再会出来ると良いな。

 

 

四季折々、魚達も周囲の自然も、刻々と姿を変えています。

これらを見て、知って、知識として重ね、釣果に繋げていくことが、どうやら私の考える「上手い釣り」になるようです。

 

状況判断からの選択がタイミングに合って、釣り方の技術が乗ると結果が出る、と思うんですね。私はここを追求したい。

 

 

 

初日を終えて。

朝一は奇跡なのか偶然なのか、ガッチリ掛けた。

いや、場所選びと釣り方は良かった、としておこう。

しかしその後がよろしくない。状況は大体分かったが、明日はどうしようか?

 

 

 

 

2022年9月21日 (水)

息子の竿納め・秋色狙い

計画外の、9月親子釣行でした。

色々と学生も大変そうで、息抜き?になれば良いなと。

 

息子は婚姻色の大物(♂)を釣りたいらしい。そう簡単ではないですが。

何にしても、息子は今年最後の渓流です。

 

 

・・・・・・

 

あるポイント。

 

右岸側から徐々に打っていき、立ち位置を変えて左岸側ヘ。

 

多めにイトフケを出し、底掛かりスレスレくらいに送り込んだ仕掛けに、重みが乗った。

 

 

底石を噛んだ? いや、違う。

アワセをくれると、くすんだ体色の魚がもんどり打った!

 

 

よぉーっし、出たね! 

 

下流の瀬に入られると、ちと厄介。 

すぐさま少し下流側に移動して、ヤリトリ開始。

 

 

しばしして、魚体が浮いてきた。

水面を割るその時に見える、魚の顔付きと色合い。

緊張と興奮の取り込み!

 

0hrk3

 

獲った!!

 

無事に取り込めて、喜びに頬が緩みます。

 

 

 

下流で釣っていた息子を呼び、「出たよ~!!」。

 

どうだい? 秋色は格好いいな。

こうやって魚を観察し、親子で語らう時間も良いものです。

 

やっぱ、ここらに居たんだ。今回はゴメン、私の方が出会えたよ。

 

我ながら、場所とタイミング(気候&時間帯)の読みは上手いこと当たってくれました。これは私の経験からの判断。息子が少しでも今後に参考にしてくれたら嬉しいです。

 

Fb_img_1663676886581

この魚に出会う前に「ワンチャンあるかも」な場所に入りましたが、撃沈。この「あるかも」な可能性の判断が、私はよく外れるんですね・・。

何処打っても、それらしき反応がなくて、狙いの魚が居ないんじゃないかと思うくらいでした。こりゃ厳しいなと。

 

予想を外した時、それは判断の誤りなのか、対応力不足なのか。多分両方、かな。

当たる時は当たるのですけどね。出会いの確率をもっと上げたいところです。

 

0hrk2

 

秋の渓流釣りは、厳しいことが多い。魚が中々口を使ってくれなくて、数型揃えるのは難しい季節です。

まして禁漁前の連休中、釣り人がドッサリ来て、プレッシャーはとても高い。

 

 

秋に限らず、狙いの魚の気配が乏しい時。

それでも粘って結果が出れば、その感動はずっと記憶に残ります。

 

ですがやっと出た反応を取り損なうこともあり、これまた忘れられません。また、悔しい目を見ると、いつか上手く行った時の喜びも大きくなります。

苦労した方が感動するし、嬉しいんですね。

 

0aki1_20220921081101

Fb_img_1663756812291

色目の濃い居着きイワナも。

今年出会ったイワナの中では、お気に入り度が高め。

 

これは婚姻色のように見えました。日陰の魚よりも、もっと赤茶けたような色彩。

この他にも数尾、ややサビたようなイワナが出て、秋の装いを始めたのかなと。

 

小淵の流れ込みの脇の、小さなスポット。「こんな場所にこの魚が」って感じで、掛かった時はビックリ。

これまた印象に残る魚です。私は出会えた魚の姿形もですし、意外性があると印象が深まります。

 

0hrk6

息子は最近はルアーがお気に入り。

思うように釣れないようですが、頑張ってます。

 

やっと反応した秋の良型が取れず、悔しがってました。

これは私も見ていまして、淵の中ほどで、婚姻色の魚が僅かの距離、ルアーを追いました。そして2度と出てこない。

 

 

まず反応を出せた。では次はどうする?

今シーズンは残念だけど、また来年以降に挑戦だね。(実は私の方も、せっかくの秋色の反応を2度もハズしました・汗)

 

息子は秋にしては幾つかの魚が見えて、厳しいなりに楽しかった様子。

いつか狙いの魚に届いたら、もっともっと嬉しい時間になることでしょう。

 

 

ところで、確証の無い話ですが。

ルアーを追う秋色渓魚は多分、エサ釣りでも反応するんじゃないかなと。

ガン無視の魚は、余程でない限り、釣法が何であっても難しい気がします。ルアー有利とかエサ有利とか、そう言う問題では無いような・・?

 

0hrk5

私は釣りをしつつ、キノコを探したりはいつも通り。

 

今シーズンここまでに、山菜キノコの発生と、自然の季節の移ろい、それと魚の動きを観察してきましたが。

キノコも植物も、魚の居場所も動きも、もう今は完全に秋。

後は冷え込みにより、残り僅かな渓流シーズン中に、どんな変化があるか?

 

まだ夏を引いてる地域もあるでしょうから、別の観察も出来ますが、私の中では今年の季節の追跡は釣りにおいては終わりました。

今後は季節の変化の観察は、キノコ採りに向かいます。

 

0hrk4_20220921081101

ツキヨタケ(毒)を見付けました。

シイタケと間違う誤食事故が多いそうで。

今回のツキヨタケは、遠くからのパッと見、シイタケぽく見えなくもなく。あらためて私も気を付けねば、です。

 

 

 

息子は学校のことなどが忙しそうで、一緒に遊びに出るのは止めておこうと思ってたのですけども。

やはり行って良かった。

楽しい時間が出来たこと、良い魚達に出会えたこと。

今回も渓に感謝です。

 

 

 

 

 

 

2022年9月13日 (火)

厳しい秋の釣り

いやはやキツい日を引きました。

先回の釣りで、想像以上に秋が進んでいたので、今回はその続きで秋探索です。

言い訳ですけど、気候から釣り辛い条件だろうとは考えてました。

 

 

反応の出方がもう。

秋特有の、小さく短い、非常にアワセ難いアタリが出ます。盛期のスレたアタリとも違うんですよね。

タイミング次第では、ガッチリ掛かるのですけどね。秋反応には毎年頭を悩ませます。

それでも反応があるだけヨシで、好ポイントで何も起こらないなんてザラ。

 

0hza2

アマゴたちに散々嫌われて、でも優しい良型イワナが出てくれたり。

そのイワナの反応も鈍くて困る・・。こんな日の一尾はホッとします。

 

 

先回は秋入りが顕著で、今はどうも季節進行が足踏みしてる感じ。

 

0hza3

 

0hza5

キノコたちの発生にさほどの勢いがありません。幼菌が少ないですし(今回の場所では)。

それでも確実に山に秋が来ていて、見られる種類が夏から切り替わっています。気候の変化にキノコは敏感ですからね。

 

 

残暑を引く今、雨後の一時は涼しく、晴れれば日中は気温が上がります。

河川の水量が増え、その後落ち着くと、秋は魚の反応が辛くなりがち。盛夏以降は水量もですし、水温の上下で魚の動きが大きく変わるように思います。良い方のタイミングに自分が合わせるのがマコトに難しい。

 

0hza4

概ね、山渓の様子は予想通りでした。

そして予想以上に魚の反応が遠い・・。

 

 

予測があるなら何で、そこに釣りに行ったんだ?って話なんですが。

ポジティブな方の予想もあったんですよね。

季節は足踏みしつつも秋が深くなって来れば、そのことで動く魚が居て、移動の出鼻に当たれば、この時期ならではの好釣になる事があるかも、と。先回の釣りが、予想も含めて好感触だったのでね。

 

 

上手いこと釣れると、一つ謎が解けたような感覚が得られます。それで喜んでいると、条件違いになるとまたしても、解けない問題が出てくる。同じ日、同じ条件はないので、それはそうなんですけども。

当たりの方の確率を上げたくて、手持ちのあらゆるアイテムを総動員して読むのですが、今回は当てられませんでした。正確には、予想は概ね合ってたけど、その状況に応じた釣りの力が不足でした。

 

 

「ここは居るでしょ!」なポイントで、しばし粘るも、アタリなし。

諦めて移動しようとしたら、水中に良型が泳ぐのが見え、やはり無視されてたのか・・とかありました。

この時は魚が見えましたけど、普段でも多分、同じことがそこら中で起きてるんですよね。悔しいが、狙い目はまるで見当違いではない、としておこう・・。

 

0hza1

外れたとはいえ、良型イワナには出会えたことだし。

 

手応えとして、秋進行が現地を見る前に予測できたのは良かったかな。細かい事は現地を見て確認しないと、ですしね。

 

季節を知る目安としても追っている山菜キノコは、時期の収穫物でもあり、こちらはまずまず集められました。

 

 

もう次の釣行の予測は始まっています。天候と気温の移ろいから、次回はどこでどうして釣ろうか。

そんな事を考えているのも楽しいものです。

 

 

 

 

 

 

2022年9月 7日 (水)

秋・季節進行と魚の動きを読む

増水気味の渓。

白泡の立つ淵の、端の方から順番に打っていく。

 

波立ちで川底は見えない。

仕掛けを調整し、深めに探った時。

 

 

「重み」が竿から手に伝わってきた。

一瞬間を置きアワセを入れると、魚が落ち口に突進!

 

 

掛けた!! この感触、間違い無く良型。

 

川底を伝うような泳ぎ。だがイワナじゃない。これは秋の魚だ。

 

 

しばし白波の中でヤリトリして、体力を奪う。

 

チラリチラリと赤黒い魚体が見える。

 

頃合いを見て、波気から浮かせて寄せる!

 

0aag9

よぉぉっし! 獲った!!

 

9月初頭でこの成熟度。この時期にここまで進んでいるとは、予想外でした。

魚体の感じは、最終形態まであと一歩、でしょうか。

 

 

ありがとう、今年も婚姻色の魚に出会えた。秋にしか見られない、魚体の色合いと雰囲気。

これは嬉しい。独特の感動が成熟した魚にはあります。「やったぞ!」って声が出てしまいました。

 

 

血眼で追い掛けていた秋色渓魚。

でも私は釣りの狙いとして、以前ほどには意識しなくなりました。

 

出会えると嬉しい。しかし繁殖を控えた成熟体をそっとしておきたい気持ちもありで、ちょっと複雑。最近は後者の想いが強くなってきた、かな。

 

さっと撮影して、リリース。元気な子孫を沢山残してくれよ~!

 

0aag7

早い年だと、お盆明けあたりから婚姻色を帯びる個体が現れます。

が、秋色の魚は居ても中々出会えなく(釣れなく)て、存在が確認し難いんですよね。

それでも今は少しばかりでも、それが読めるようになりました。(あくまで少し)

 

 

8月から9月頭くらいまで、夏キノコのチチタケが多く出る山があるのですが、今年はお盆明けで発生が止まりました。雨が降った割に、終わりが早いな?

猛暑は引きずらなかったし、もしかして、秋が早いのかも。と考え、ある渓を探ってビックリ。

 

そこでは魚達が秋準備を整えてました。勿論、魚には個体差があります。同じ渓にも、まだ夏色の魚も居ることでしょう。

 

0aag5

イワナも釣れますが、こちらはまだ姿の変化はないです。それでもこれだけ季節が進んでいれば、動きは変わってきていて。

夏以降のアマゴやイワナは、それまでの季節のような釣り方では、反応しないことが増えてきます。

 

 

某釣り名人の言葉。

「ある川は釣れる、でも別の川は釣れない。

 と言う人は、いつも同じ釣り方をしている。

 それでは釣れたり釣れなかったりするのは当たり前。」

 

これは川の違いもですし、季節や条件にも言えますね。

確かにその通りで、私は釣れたり釣れなかったり・・。自分なりに工夫はしてるのですけどね(苦笑)。

 

 

 

秋色アマゴ狙いなら、当たり河川で通すのもアリですけど、移動しました。良い魚に出会えた事だし。他の場所の状況も見ようと。

 

増水傾向は何処も同じく。

お盆明け頃からは、雨ごとに涼しくなります。

移動先の魚は、先の渓よりは秋が浅い感じ。河川ごとに状況が違うのは、秋口は顕著ですね。

 

0aag4

こちらもイワナが増水で元気。

夏痩せから回復中の魚達が、良型混じりで出てきてくれました。

 

 

先の話で言うと、居そうなポイントに仕掛けを通しても、何も起きず。

あれこれと釣り方を工夫して、やっと反応が出たり。その見極めが難しくて、時間が掛かります。

 

0aag6

細身の遡上型。肌色がくすんできてます。

このタイプはおそらく、黒ずんだ婚姻色になりますね。

 

 

先の渓と同様、今回の好反応は波気のある淵。

浅い瀬は当歳魚が入っていて、これまた今はそっとしたい感。

 

 

淵が良いとなっても、ダメな時はダメ。

そんな釣れない時の言い訳を少々。

 

秋の成熟個体がポイントに陣取ってる場合、タイミングが合わないと、中々口を使ってくれません。

未成熟でも、移動モードの魚も難しい。

それをどうするか・・?

 

0aag1

ここでは秋キノコが始まってました。少し夏キノコも残ってます。

ハナイグチなどイグチ類。これらが発生するなら、やはり気候は秋。秋キノコが本番になると同時期、アマゴの繁殖行動の始まり。それは間もなくやってくる。

 

 

今シーズンは時期ごと地域ごとに、山菜&キノコの発生と、渓魚の動きを観察してきました。

前々から、これら自然界のものたちの連動性というか、山渓の季節進行を見てきて。

 

朧げながら、「釣りを予測する材料」が幾つか見付かった手応えがあります。これが先に書いた、「読み」が今までより少し利くようになった部分。

水中の魚は釣り上げるまで状態観察するのが難しいですが、陸上のものたちは、季節の巡りを教えてくれます。

 

0aag3

私の釣りの技術自体は、そんなに大したことはありません。

でも。同じ渓釣りのフィールドで、食用植物を探すことには、少々自信を持っています。

その季節ごとの知識が、ようやく釣りの考察とリンクし始めた、といったトコロ。

 

 

 

記事では飛ばしましたが、良さそうと思い移動した先で、完全無反応の撃沈を食らったりもしてました。

状況が読めても、それで釣果が出ない事には、自分の判断が正解とは言えず。

それに不慣れな地域では、例年の状況も、その時までの季節進行もすぐには見えないし、何処でも通じる考察の完成はかなり遠そうです。そう簡単じゃないからこそ、良いんですけども。

 

 

難しい状況を打破する知恵と技術のバリエーションも欲しい。それらを意識しつつですが今は、判断力を上げる方に注力してます。

これが私には大層面白いんですね。釣ることだけでない山渓の楽しみを追うことは、結果として渓魚の状況理解にも繋がります。それに旬の食材の採集は、それ自体が楽しみですしね。

 

0aag8

秋色の魚に出会えたことで、今シーズンも一つ達成した感じもします。これで〆ても良いくらい。もう禁漁になっても、安心と言うか?

 

これからは釣果も大事ですけど、竿が出せる期間内は、構築中の考察を深めて行きたいなと。

 

残り一ヶ月を切った渓流を、楽しく釣りたいと想います。

 

 

 

 

 

 

« 2022年8月 | トップページ | 2022年10月 »

無料ブログはココログ
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック