« 2022’ 渓流最終釣行・前編 | トップページ | 2022’ 渓流シーズンを終えて »

2022年9月28日 (水)

2022’ 渓流最終釣行・後編

2日目、

初日(前編)の感触から、候補地を考えました。

 

・・・・・・

 

好ポイントが連続する区間。

しかし昨日と同じく、無反応が続く。一通り攻めて、稚魚以外のアタリ無し。厳し過ぎないかい??

 

選択失敗かな・・ちょっと心折れそう。

諦めるか・・でも納得いかないので、戻って再挑戦することに。

 

 

その際流れの中に、まずまずのサイズのアマゴが見えた。

やっぱり居る。

 

仕掛けを調整し、立ち位置も変えて攻め直したら、ようやくアタリ! ・・しかし空振り・・・・。

 

だけど、ヒントが手に入った。

立ち位置をまた変えて、攻める。

 

0son1

 

やっと出たアタリにアワセると、尺上イワナが。

細身だけど、良型に届いた。ありがとう、出てくれて。

 

 

・・・・・・・

 

更に狙うと。

 

小さく、でもはっきりしたアタリが、竿先から伝わる。

アワセた次の瞬間、掛かった魚が下流に猛ダッシュ!

 

来たね!

 

下には行かせない、と体勢を取ろうとしたら、乗っていた石が崩れて、まさかの転倒!?

 

ヤバいヤバいヤバい、早く早く!

竿を持ち直したら、ハリは外れてない。

 

転倒時にテンションが無くなって、魚はそのままそこに居た。

もう一度竿を絞ると、今度は上流ヘダッシュ!

 

凄い元気だ。だけど今度は体勢は十分。下流を取ればこっちが有利。

偶然にも、転倒したことで、魚との位置関係が入れ替わった。

 

 

重いな。これはデカいぞ。

 

なりふり構っていられない。川の中に立ち込み、もう下がらせまいと、竿を曲げて耐える。

緊張と興奮でドッキドキ。息が上がり、膝が震えそうになってる。

落ち着け、持久戦なら大丈夫だ。

 

 

徐々に抵抗が弱まり、魚が浮いてきた。

 

噛み付きそうな顔が見える。緊張の一瞬!

 

Fb_img_1664271798503

 

よぉぉっしゃ、獲った!!

 

いやいや、よくぞ出てくれた!

諦めなくて良かった~。

 

昨日の魚より、更に体高のある魚体。

秋の魚にしては珍しいほどに、パワーとスピードを感じる魚でした。「ありがとう!!」と大声が出ます。

 

さっきまでがあまりに静かだったので、竿に乗った感触が最初は信じられなかったほど。

 

0oas4

 

顔付きも色合いも、サイズも申し分なし。

この魚は嬉しい。釣りが厳しい時ほど、1尾の印象が強まります。

 

昨日今日と、厳しい日に連続で当てられて。場所選びも釣り方の工夫も、満足感ありです。

 

 

 

自分で散々攻めた区間を、更に狙います。すると。

 

Fb_img_1664271810086

 

婚姻色のメス♀。

 

・・・?

さっきまで、良型の気配が薄かったのに、どうしたこと?

 

 

これは秋には特にあり得ることで、「時合い」かなと。

一日の中に何度か、そうしたタイミングがある気がします。

この時合いを読む為に、あらゆるヒントを探すのですが、私には非常に難しい。

 

 

 

紙一重。

泳ぐアマゴを目視しなかったら、諦めて移動したかもしれない。(でも見えたアマゴには相手にされず・・)

 

今回は粘って粘って結果が出ました。同じ区間を行ったり来たり、手を変え品を変え。

自分が先行者みたいなもので、何か違う事をしないといけません。

普段だったら、立たないだろう位置に立ってみたり、やらないだろう事を試したり。

それが今回はタイミングと合致した、のかなと。

 

たまたまかも知れません。でも先程まで無反応だった区間で、連続で良型が出た。見切るが正解か、粘るが正解か、今回は後者でしたね。

釣り方の工夫もで、普段やらないだろう釣り方がハマった、今後に繋がる好感触です。

 

0oag1

 

思い返すと、今年はこの「戻って釣り直す」で、何度も好釣していました。

時間帯が違うと魚の反応が違う。これは多分確かで、何尾か自分で釣った後の場所でも、別の魚が出てきたりします。

では何故に最初に釣れなかったのか? 時間を空けて、何が変わったのだろうか?

 

 

ちなみに、転倒時に脛を岩に打つけて、後で見たらアザになってました。

でも釣りの最中もその後しばらくも、痛みは全く感じません。アドレナリン効果、でしょうね。

 

 

 

この後は、気になってた場所を何ヵ所か探り。

これにて本シーズンは納竿です。

 

0oas6

0oas3

 

全体的には厳しい釣りでしたが、こんな魚達に出会えたら、もう言うこと無し。

 

 

良いシーズンでした。

沢山の魚にも、自然の移ろいから様々なものに出会え、学ばせて貰えました。

 

また来年もそれ以降も、楽しんで行こう。

感謝の気持ちで終えられた、素晴らしい最終釣行でした。

 

 

 

 

 

« 2022’ 渓流最終釣行・前編 | トップページ | 2022’ 渓流シーズンを終えて »

渓流釣行」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます!
前日の魚といい、すごいの一言です。
やっぱり秋を完全にマスターしてますね、
ボクの方は秋が苦手て辛うじて尺イワナ。
今シーズンお疲れ様でした♪

ATさん、ですよね? おはようございます。

ありがとうございます。良い〆になりました。

完全にマスター・・と言うには、かなり遠そうな気がしますが^^;
読み勝ちした感覚はありまして、僅かながらの前進はしたのかな、と思ってます♪

またの機会に、釣り談義をお願いしたいです。
シーズン疲れ様でした(^^)

おぉ~
これまた素晴らしい秋鱒ですな(°▽°)
餌釣りでこの類いの魚を狙って釣れるのは凄いですよ!!

ぶたきむぶたきむさん、初めまして。
コメントありがとうございます(^^)

最終戦、良い魚が出てくれました。
お褒め頂き嬉しいですが、本当にギリギリで出会えたようなもので・・^^;
ありがとうございます。今後も良い魚に出会えるよう、楽しく頑張り鱒(^_^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022’ 渓流最終釣行・前編 | トップページ | 2022’ 渓流シーズンを終えて »

無料ブログはココログ
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック