« 晩秋キノコ クリタケ、ムキタケ他 | トップページ | 朝活キノコ・ヒラタケ »

2022年11月 3日 (木)

渓流散策とキノコ探し

未踏の渓流が、日帰り圏内にまだまだ沢山あります。

今回は三つの漁協の管内をドライブして、見回りました。

 

こうして見ておいて、距離感も含めて良さそうなら、来期以降に竿を出せば良いし。

そうでなくても、私の渓流オフはキノコがメインなので、渓流の近くを歩き、山見をするのも楽しみ。

 

Fb_img_1667300072453

ヌメリスギタケ

 

沢沿いに発生していました。

遠目にナメコかと思いましたが。

Fb_img_1667300068393

 

0oke1

幾つ目かの渓で、チラッと魚が見えました。しかし魚種が判別できず。

アマゴか、コイ科の何か?

 

 

小沢はどうかと、車を停めたら。

Fb_img_1667300113058

おや、こんなところにハタケシメジが。

Fb_img_1667300116123

株立ちして、幾つも発生してました。

これはラッキー。

 

 

この支流でも小さな魚が走りましたが、やはり正体が分かりません。それでも釣り人の習性?で、魚が見付かると嬉しいものですね。

 

渓流が好きで、水の流れの音が心地良い。

私はキノコも探しますので、山渓歩きは釣りでなくても、幾重にも楽しいです。

 

 

車での移動中に、何かが。

Fb_img_1667308526145

ツキヨタケ(毒)でした。

 

冷え込むと姿が少なくなるキノコが出てるところを見ると、まだあまり気温が下がってないかもですね。この日の自宅の朝は気温8℃、現地の日中は17℃でした。

紅葉の色付きも薄く、ここらは晩秋入りはこれからかな。

 

更に歩くと、

Fb_img_1667300091051

何とビックリ、シイタケです。

野生のシイタケは、私は稀にしか出会いません。私の行き先では珍しく、これまたラッキーです。何故か一つだけなのが寂しいですが。

 

キノコ採りの面白いところで、同じ時期でも地域差があり、発生する種類も違ってきます。

植生、気候、標高差等、自然の観察項目は数あって、それがキノコには顕著に出ます。が、タイミングが合わないとキノコ発生には出会えず、そこが難しい。

自然条件の違いは渓魚にも無縁でなく、そうした関連性を私は探しています。

 

0oke3

ある小淵に、見付けました。

今度こそ間違いなくアマゴです。

 

流芯脇でせっせと採餌してる様子。サイズは18㎝くらい、でした。禁漁期とは言え、渓魚が見られるのは良いものですね。

 

まだ若い、産卵行動に参加していない個体かな。

強い冷え込みはなくても、そろそろアマゴの産卵期か、もう終わったか、でしょう。

 

0oke5

ウスヒラタケ

 

0oke4

ヒラタケ幼菌

 

 

未踏の渓流が幾つも見られたし。

キノコも出会えたしで、結果はまずまず、でした。

早くも来年の渓流解禁が待ち遠しいですが、晩秋の山にしばし楽しませて貰おうと想います。

 

 

 

 

« 晩秋キノコ クリタケ、ムキタケ他 | トップページ | 朝活キノコ・ヒラタケ »

山菜・キノコ・その他アウトドア」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
やはりこうした川の下見が次の
シーズンにつながりますね!
野生のシイタケ
なんて初めて見ました!
やっぱり美味しいんでしょうか?

ATさん、おはようございます。

オフの川見は楽しいですよね。釣りがないからこそ、ゆっくりと見回れるようにも思います。
私の場合は、半分以上はキノコの山を見てるのですけど(笑)。

天然シイタケは美味しいですよ(^^)
市販品と違うのは香りかなと。何と言うか・・上品な感じがします。稀にしか見付からなくて、嬉しい収穫です♪


今回ではないですが、K川の某ダム上の支流も見てきました。
でもやはり、半分以上は山を見てましたが(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩秋キノコ クリタケ、ムキタケ他 | トップページ | 朝活キノコ・ヒラタケ »

無料ブログはココログ
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック