« 2022 ヒラタケ好調 | トップページ | 渓魚画像2016 »

2022年11月24日 (木)

2022 ナメコ盛期入り

0snm1

綺麗なナメコが、あちこちに出ていました。私の行く地域では、本年のピークが来たようです。

 

ナメコの株立ちの群生は、迫力も美しさも特筆ものです。

しかし、中々そんな大群生には出会えません。毎回、それを期待して山入するのですけどね。大群生まででなくても、美しい姿に出会えると嬉しいものです。

 

0snm3

このところ少々の雨が降りますが、山を潤わせるほどでもなく。

こんな時はこの画像のように、地面に近い場所によく出ます。というより、地面から離れている場所では、乾燥していて状態が良くないものが多い。

 

どんな場所で発生していて、そのコンディションがどうなのかを観察します。

それで、ここから山を上がるか下りるか、斜面の右か左か、キノコの発生が良さそうなのは何処か?

どこまで進むか、戻るか、見切りと粘りの判断が難しい。自然を観察し、獲物を探す感覚が面白いです。

 

0snm6

ナメコに限らず、キノコの発生に「山の層」みたいなものがあると感じます。

縦横斜めに、風道と水道、それと日照等の組み合わさった、キノコたちが好む環境?があって、それが筋と言うか、層と言うか、そんな形を成してる様な。

なので地形や標高や植生を見つつ、この山の層を探し当てる。当たらなければ、ひたすら歩け歩け(笑)。

 

0snm5

また、当日にキノコが出ていなくても、この「層」の候補があれば、時期違いで別種が採れるかもしれないし、別日に同種が採れるかもしれない。好ポイントを沢山見付けるておくと、その日でなくても活きてくる可能性大です。

それに別の山に入っても、好ポイントの判別はそんなに違いませんからね。様々な種のキノコとそのロケーションを知り、経験を重ねることは、キノコ採りの過程として大事なことと想います。

 

キノコ採りを始める前には、動かない相手を採る楽しさって、イマイチ分からなかったのですが。山を読むことが、こうも面白いものだとは。

 

0snm2

採れたキノコを保存して、暫くの間食べます。キノコファンの間では「貯菌」と云われていて(笑)。

貯菌するなら秋。冬になると、採集物はどうしても少なくなりますから。食糧確保の意味では、貯金と似た効果はありますね。

私はナメコが好きなので、他にヒラタケやムキタケがありましたけど、今回はスルー。ナメコ採り&貯菌に邁進です。

 

 

 

今回も山に楽しませて貰えました。

今がピークで、もうしばし発生しそうだなと? 昨年は雪が舞ってもまだ出てくれましたから、今年もそんな感じだと嬉しいな。

 

 

 

 

 

« 2022 ヒラタケ好調 | トップページ | 渓魚画像2016 »

山菜・キノコ・その他アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 ヒラタケ好調 | トップページ | 渓魚画像2016 »

無料ブログはココログ
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック