雑記

冬の山遊び

Tjo4

 
私の地元は降雪が少ないので、殆ど年中山歩きが出来る。
もうすぐ今年も終わるな・・そんな事を毎年と同じく考えながら、キノコ探し。
 
Tjo5
 
今年も色んな事があった。
趣味の世界では、良い出会いも多くあった。
 
このまま事故も怪我もなく終われば、良い一年だったと思える。有難いことだ。
 
Tjo1
 
私は渓流釣りから始まり、山菜やキノコなど、山渓の恵みに出会う事が好きだ。
 
釣りでは魚に出会い、趣味を続けるうち「人」との出会いも沢山ある。
 
この「出会い」が、喜びの正体の一部なのは確かなようだ。
 
Lmk3
 
獲物を探し、山を歩く。
 
キノコの場合、何処にでもあるようで、でも狙いを絞らないと難しい。
これが非常に面白いと感じる。
 
何気なく歩いていても出会える時もあれば、探し回っても全然ダメな時もある。
 
見知った山では、過去の経験から生え場を巡る事も出来るし、また、新規場所を歩く楽しさもある。
この辺りの感覚は、私のメインの趣味である、渓流釣りにかなり近い。
 
Lmk4
 
釣りから離れる今時期。
キノコたちは出会えたら嬉しい、そして食べたら美味い。
 
 
・・・
 
今年はちょっと不思議なことが。
 
 
キクラゲ(とその仲間)と、フユヤマタケ(シモフリヌメリガサ)の発生が異様に少ない。
何だか分からないが、他のキノコは元気なので、尚更に謎・・。
地元の山では、他の何が無くてもキクラゲはあったのに。
 
Lmk1
 
自然条件が色々と年ごとに違うのだから、良い時も良くない時もあるのだろう。
それはキノコに限らず、他の何にでも言える事。
 
 
これだけ楽しめたら、十分にヨシとしよう。
 
また来年も、良い年になりますように。

釣り仲間と忘年会

Bnk

 
毎年恒例の渓流釣り仲間の集まりが開催された。 
 
私は毎年、会場に向かう途中で、キノコ探しに行く。
そして獲物が採れたら、集まった皆さんにお土産で配ったりする。今回はお渡しできる程採れなかったのだけど。。
 
 
集った友人には色んな遊びのスタイルの人が居る。
元々は渓流釣りで縁が出来た人たちでも、近年は海釣りしかしないとか、最近は渓流へ行く機会が減ったとか。
 
今回のメンバーに限らず、海の近くに住んでいる仲間には、山の幸は喜ばれることが多い。
特に請求するわけでも、されるわけでもなく、お互いの収穫物を交換したりして。
 
海の幸がクール便で届いたり、こちらからキノコや山菜を送ったり。
 
 
私は釣りと言えば、今では渓流以外はほとんどやらない。
それでも海の釣り話を聞くのも、それはそれで楽しい。
 
仲間が集えば、釣りの話は勿論、それ以外の遊びの事、仕事の事、色んな話題が出て、あっと言う間に時間が過ぎる。
 
 
正直、若い頃は、今回のメンバーとの交流には、少し違和感があった。
渓流釣りからの繋がりではあるものの、皆さんそこまで熱く取り組んでるのでもなくて、「緩い感じ」で遊んでおられたからだ。
若い頃の私はカンカンに頭を熱くして釣りをしていたのでね。
 
ところが、釣り場を離れて会話を交わすと、楽しみ方や価値観の違いで、色んな方向性がある事が解り。
その事に面白味を感じ、お付き合いさせて頂き、現在に至る。
 
その後年数が重なり、もう十数年。
失礼な意味でなく「緩い感じ」も今では解るようになった。
方向性が完全に一致する人など居ないし、経験値が上がれば、組し方は変わっていくもの。
 
私はシーズン中は渓流釣りを追い掛け、ちょっと浮気?して、山菜とキノコを。渓流オフにはメインがキノコ。
どこにどれだけのエネルギーを使うか、それは個々の自由。
 
 
楽しかった宴会の帰り道に、またも山に寄り、キノコを探す。
仲間と集うのも、単独で遊ぶのも、私はどちらも好きだ。
 
人が集まるのは、皆と過ごす時間が好きだから。
 
 
楽しいと感じる時間を過ごすことは、本当に大事。
今年も良い集まりだった。参加メンバーの皆さんには、今回も感謝。

キノコ案内

Yan3

ちょっとした縁で知り合えた釣り人と、キノコ採りに行くことになった。
キノコ採りをしたことが無いとのことで、3名を山へ案内する格好。
 
道中も山の中でも、話題となるのは殆どが釣り(とキノコ)。釣り熱が入った人の話は止まる事が無い(笑)。
 
今回は釣りキャリアの長い、達者な方々。
経験豊富な方のお話は、いつも楽しく、そして勉強になる。
 
そこで、使用する道具類の話題があった。
 
 
極端に細い、あるいは太いラインは如何なものか、というネタ。
 
Yan2
 
ラインが細ければ、掛かった魚に切られる率はどうしても上がる。
それってどうなの? 
また逆に、絶対切れない太さのラインは、掛けてしまえば釣り人に有利に働く。
これもまた、どうなの?って話で、相手になる魚と対等じゃないと言うか。
 
ざっくりまとめると、伺った意見はこんな感じ。
 
ここらは個々の感覚で、自由で良いのだけどね。仰ることは良く分かる。
他の人の意見を聞いてみると、あらためて違う見方や考え方があるのだなと、なるほどと納得したりもする。そしてこんな会話の中に、その人がどこに拘るか、釣りへの取り組み方が出てるとも想う。
 
Yan1
 
さて、肝心のキノコ採りの方は。
 
状況は良いと見ていたのだけど、思いの外発生が少なく、やや苦戦・・。
 
釣り人同士で河川を見ると、あの流れがアマゴに良さそうとか、こっちはダメそうとか、そんな会話になる事が多い。
キノコの場合もこれに似ていて、樹上生のキノコの場合は「木」を見るのだし、地上生のキノコなら「地面」をと言う具合で、それが何の木で、どんな地面で、となってくる。
 
とりあえず私が見付けて、こんな場所に出るんですよ~と『ポイントの解説』をする。
釣り人には釣りに擬えて説明すると効果的みたいだけど、どこまで分かって貰えたかは不明(笑)。
 
Yan4
 
少ないながらもそこそこに収穫が出来、何より皆さんが楽しそうだったのが良かった。案内人として一安心だ。
 
「今度は釣り場で遊びましょう」と約束してお別れ。
良い縁を頂き、また楽しみが増えたことに感謝♪

手取川最終戦

今年の手取川鮭釣りは、昨年と同じく3回挑戦した。

結果、一匹の魚に出会う事も無く、完敗だった。 
理由は分からないが、とにかく魚が薄い。
釣獲情報を見ても、ボウズ喰らう人が続出している。
 
先回、先々回と、泥濁り増水の悪状況に当たっていた。今回も前日と当日は霙交じりの降雨。
それでも今回は3回、魚の反応に出会えた。で、全部ハズして撃沈だったワケだけど。
 
自然相手の事、色んな状況があるさ、としか考えようがない。
3年前は釣れていたから、遡上が好調だったのだろう。来年は良いサイクルに戻って欲しいもの。また、今年の状況からすると、4年後が心配だ。
 
 
・・・・・・・
 
Sxko9_2  Sxko8
 
番外編的に夜の部開催。
地元の友人宅に招いて貰って、海鮮をタラフク頂いた。
 
良く食べて飲んで、楽しく語らって。
心温まる時間に感謝。持つべきものは、友ですね・・。
 
Sxko3
 
Sxko5
 
一泊二日で釣る予定だったけど、帰ってきてしまった。
鮭釣りがあの状況では、休日に余計なストレスが溜まりそうだし。
友人と楽しい時間が過ごせたのだから、気分の良いうちに、次は山へ転戦。
 
Sxko4  Sxko6
 
やはり秋の山は良い。
歩き回れば、何がしかのキノコの発生に出会える。
 
数時間程度歩いたが、随分山の中も空気が冷たくなった。
高い山には雪が乗り始め、いよいよ冬が近いな・・。
 
 
鮭釣りは残念だったけど。
結局自然を満喫した休日となった。 
キノコを覚えてヨカッタなと思う。
 
Sxko1
 
これからしばらくは、遠出のアウトドア予定はナシ。
本格の冬までは、地元近辺の山で遊ばせて貰おう。

キノコのヒントを探す

Jis5

今年はマツタケなどの高級キノコは、各地で不作だと聞いた。
天候などの条件に、発生状況が左右されるのだろう。
 
私は「雑キノコ」ハンターなので、あまり関係ないみたいで、どこの山に行っても、何がしかのキノコには出会えている。
 
Jks1
 
ただ、今年は「おやっ?」と感じることもある。
 
発生にムラがあると言うか。
出てる場所にはゴソゴソと出てるのに、無い場所には歩けど歩けど何もない、という具合に。
 
例年そんな事は多々あるのだけど、今年はそれが顕著な気がする。
 
Jks6
 
出る場所と出ない場所の見極め、なんて格好良い真似は私では無理。
 
それでも今年はその「場所ムラ」のお陰で、生え場に出会うヒントを一つ見付けられた。
感覚判定で「風」の通り道に沿って歩く、と言うものだ。
 
人に説明できる程の確たるモノでもなく、次回以降に検証したいトコロ。
 
Jks3
 
クリタケとヒラタケは、同じ場所に沢山出ていた(好物のエノキタケはイマイチで残念)。
 
それ以外は本当に散発的で、ポツリとしか出ていない。
つまり、当たりの場所に出くわせば大量収穫で、そうでなければ貧果。
 
当たり場所をいかに探すかが難しい。
 
Jks4
 
毎年入ってる山なので、地形などは大体把握している。
 
ここがダメなら向こう、それで良ければ次は・・と作戦も立てられる。
 
だけど今回は。
「出る場所」を探すのに、結構な距離を歩くハメになった。
 
Jks5
 
見付かれば「おぉぉ~!!」って声が出る光景なので、歩くのも気にならないと言えば、確かに。
 
犬も歩けば棒に当たる、ので、歩き回るのも悪くない。
 
でも「ここの山肌には出てそうだ」と目星を付けてから歩き、そして出会えた方が、喜びが増す。
この感覚が好きでキノコにハマった私。
 
本格的に冬が来るまで、まだまだ楽しませて貰いたいものだ。

北陸某所へ

Krm4

 
クリタケ祭りに遭遇した。
初めて入った山で、あちらこちらにクリタケの株が。
 
残念ながら腐ってるものも多かった。
状態から見て、ここ一週間以上は、誰も入っていなかったのだろう。
 
Krm2
 
あっちにもこっちにも、出てる出てる。
 
こうした群生に出会えると、とても嬉しい。
 
しかし・・いかんせん今回は時間が中途半端だ・・。
 
 
 
そもそも、手取川に鮭釣りに行ったハズだった。
 
で、何してるかと言えば、竿を放っておいて、キノコ採り。
 
今のところ手取川の鮭釣りは、状況が悪すぎる。
先週ボウズ喰らったときは、台風後でたまたまかと思ったが・・
 
鮭の姿が本当に少ない。加えて、川全体が浅く広くなって、魚の着き場が絞り難い。
周囲を見ていても、どこで良く釣れてる、という感じも無い。
 
Krm3_2
 
私は鮭釣りは好きだ。
渓流以外の釣りにはあまり惹かれないが、鮭だけは別。
 
だけど・・状況が良くないときに、「何が何でも釣ってやる!」と言う熱さが湧かない。
楽しんで釣れないなら、仕方ないか。
とアッサリ見切れてしまう。
 
Krm1
 
交通費も、参加費用も、どうにも勿体無いのだが・・
 
心が楽しめない時間を浪費するのは、殊更勿体無いと思っちゃうのだ。
ここらが普段の渓流釣りとは、やはり違うのだな。。
 
釣れる状況であれば、キノコより釣りが断然の優先。
そうでないなら、この時期に限り、「山」が優先順位を取る。
 
粘れば1つや2つ釣れたかもしれない。
でも今回は、キノコの誘惑に負けた。
 
 
手取川、どうしたのだろうか。
今年の状況で初挑戦だったら、私は鮭釣りは続けなかったかも、とも想う。
 
今後の状況が好転することを祈るばかりだ。

晩秋キノコ開幕

山奥では紅葉が始まり、いよいよ秋が深まってきた。

こうなると紅葉狩りどころではなく、私の関心はキノコ一色となる。
 
Hki1
 
Hki2
 
折角色付いた山間を歩いているのに、風景画像が無い・・
毎年のことだけど、どうしても視線が違っちゃうのだな。
 
気温が下がってくると、キノコに付く虫も少なくなり、紛らわしい毒キノコも姿を消す(全部じゃないけど)。
 
樹上生のキノコの多くが株立ちして、それは見事。
 
Hki4
 
Hki5
 
綺麗で可愛い・・・
な~んて、ウットリしちゃうのは、ある種の変態チックでもある(笑)。
 
だけど良い歳したオヤジが、キノコの群生にそうした感想を持つのは確かなんだな。
 
採っちゃうのが勿体無いような、だけど採らなきゃもっと勿体無い。何たって、美味い!!
 
Hki7
 
インスタントラーメンを持って行って、即席調理するのが最近のハマり。
 
ただキノコを茹でて、沸騰したら入れるだけ。
キノコを美味しく頂くと言うより、短時間で出来て、山の香りを味わえる手軽さが良い。
 
渓流釣りシーズン中では、こうした時間の確保が難しい。山菜、キノコを使って調理できるのは、時間的余裕がある釣行時に限られる。
 
Hki3
 
この時期のキノコは、場所さえ間違わなければ、大量収穫に恵まれることが多い。
 
一か所で沢山採れたりするので、余裕ブッコいて時間が使える。
日帰りで無ければ、酒飲みながらやりたいところ。
 
 
 
瀬音を聞きながら、イワナなどを探すのも楽しい。
 
そして目を移せばキノコたちが。
 
Hki6
 
渓流釣りを主な趣味とする私が、今はどうしても外せなくなった、キノコ採り。
 
9月に禁漁となった渓流の近くを歩けるのも嬉しい。
 
そして収穫物に出会える喜びは、渓魚との出会いの上を行く場面もある(ような気がする)。
 
 
今回も沢山のキノコに出会えた。
しばし食卓で楽しもう。

冬キノコ・最終戦

いよいよ本年度の私の渓流解禁が近付いてきた。
2月からは休日のメインは渓流釣りとなる。そこで今回は、最終のキノコ探しへと。

この独特な世界観を楽しむのは、次は今秋。

Ssse6

2月の解禁後でも、河原の木々から発生するキノコはある。初期の渓流では、コンディションの良い流れに出会うことは稀。なので、キノコや山菜を雪融けの斜面で探しながら釣るのも、これまた楽しいもの。

二兎を追うもの・・何とやら?
そんな気がしなくもない。けど、季節ごとに自然の恵みに出会えるのは、アウトドアの特権みたいなものだから。

Ssse5

渓流禁漁期の秋~冬の期間は、竿を持たない故、ターゲットに集中できるのかも(私の場合はキノコ)。

しかし。

渓流釣りを趣味にしている私は、他の何よりも、もう圧倒的に、渓魚との出会いに強い魅力を感じる。思い入れの強さが段違いなのだ。

Ssse7

天然のキノコに等級があるとすると、私が普段相手をしているのは、あまり上級種ではないかもしれない。
食べたら十分に美味しいし、収穫の喜びは感じている。

マイタケなどは、名前の通りで、出会うと「舞いたく」なるほど嬉しいのだそう。

他にも高級品が色々揃うキノコの世界。
私は何故か、そちらにはあまり食指が向かない。これは自分でも少々不思議ではある。
だからなのか、忘れられないほどの感動が、キノコには今のところ無い。

Ssse4

これから始まる渓流釣りには、過去に河原で吠えるほどの感情の高ぶりを、何度も経験させて貰った。

大きな感動を伴って、記憶の中に深く刻まれる、そんな出会いが渓流にはある。

Ssse1

キノコの大きくて綺麗な株を見付けると、「おお~っ!」と声が出る。この出会いの嬉しさは、プロセスを含めて、釣りに似たものがあると感じる。

のだけど、くどいようだが、渓魚の大型や、希少な源流域の個体など、印象に残る魚に出会えた際の感動は、他に比するものが思い付かないほど私には大きい。

Ssse3

・・何やかんやと、考えた事を書いてみた。

何故にこうもハマるのか、キノコはやはり面白い。

しかし心ここにあらずか?
渓流解禁を控えた今、私の意識は渓の流れに飛んでしまっている。

オフシーズン中、沢山楽しめた山に感謝。

今年の渓流が良いシーズンとなりますように。

2017’山遊び始め

今年の初山遊びの相手はキノコ達。
このところ数年、冬山を歩いてキノコと出会うのが恒例化してきた。

Dsc_hyk2

私のアウトドアのメインは渓流釣り。

渓流オフシーズンの冬場でも、何がしか釣り物を探してた時期もあった。淡水ではオイカワとか、ワカサギとか。海では根魚や、カレイ、セイゴ、等々。釣り堀に出向いてたことも。

「釣り」から離れたくなくて、色々やってみたものの、継続したものは今のところナシ。
どれも間違いなく楽しいのだけど、イマイチ「熱」が入らない。たまには、やってみようかな、程度で落ち着いてしまった。

Dsc_hyk3

冬のキノコ採りは、まだ数年しかキャリアが無い。もしかすると今後は・・他の釣り同様に「熱」が入らなくなるかも?

現時点では、「出会いの喜び」に私的な合格点が付くのがキノコ。

Dsc_hyk4

時期が違うけど、マツタケやマイタケやホンシメジのような、レア度の高い高級品は、渓流釣りで言えば、「大物渓魚」に相当するのかも知れない。 これらを求めたくなる感覚は何となく解る。が、私には縁の無いままだ。

高級種を狙うのは、サツキマスやサクラマスの釣りに似てるのだろうか?
数が捕れるものではなく、出会いに感動がある、と言うような。
これらの遡上魚もまた、イマイチ縁の薄い私。出会いたいとは思うのに、何となく腰が上がらない。

Dsc_hyk1

山で宝探しするような、キノコ採りには不思議な魅力がある。過去のこちらのブログでも触れた事だが、山間を歩いて出会いを探す、その面白さはアマゴやイワナを追い掛ける、「渓流釣り」に通じるものがある(私感では)。
これが私にとって、渓流オフシーズンの楽しみになっている理由の一つ。

 

今年は初戦からまずまずの収穫に恵まれた。

渓流解禁が近付く中、渓魚との再会の期待には毎年心が躍る。

今はもうしばし、山徘徊を楽しもう。

山渓遊び・最終戦 冬キノコ

もう数日で2016’が終わる。

今年も山遊びの最終は、冬のキノコたちと戯れてきた。
時期的にはまずまずの収穫に恵まれた。しばし食卓で楽しもうと思う。

Dsc_huki3

エノキタケ、ヒラタケ、フユヤマタケ・・等々。
冬になってもキノコが発生する事を知り、山遊びのオフが無くなったのは、ここ数年のこと。

発生場所や条件が分からなかった初心の頃、何処を歩いても、殆ど収穫が無かった。
ネットで12月でも沢山の収穫の話題が出てるのを観て、張り切って山に行っても、自分は全然採れない。
地元の山では無理なんじゃないか、と考えた覚えもある。

大体、5年くらい掛かっただろうか。
今では冬時期の狙い場に、ある程度の見当が付くようになった。
「師匠」でもいれば良かったのだけど、キノコも含めアウトドアは全般、独学なのでね。

Dsc_huki2

今年はどんな年だったかと?
毎年、12月に入る頃から、そんな事を考える。

アウトドアに関しては、2月~9月までは「渓流釣り」にドップリと。
その間に「山菜」が挟まり、10月からは「キノコ採り」がメインで「鮭釣り」が加わる。

釣りと山菜は今回は割愛するとして・・。

『収穫量』を言えば、今年のキノコは私的には良かった。

Dsc_huki4

良い年だった・・? と言うわけでもないような。
新規開拓場所が当たったり、ちょっと遠出したりして、歩き回った成果かもね。

渓流釣りの解禁中にもキノコは出てる。
ここに手が出せれば、更に楽しみは増えそうで、しかしどれも中途半端になりそうなので、私がキノコを狙うのは10月から。

Dsc_fik1

私の収穫量なんぞは見る人が見れば、全然大したことはないだろう。

何が面白いかと、今の時点で言うと。
収穫の喜びは勿論、「収穫の為の知識と経験値の積み重ね」 

狙える種が増え、狙う場所が分かるほどに楽しさが増していく。

Dsc_fik4

今年も沢山楽しませて貰えた。
山渓に感謝♪

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ